ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設。2017年1月23日から 画像 ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設。2017年1月23日から

インバウンド・地域活性

香港、台北、マニラの次は上海。ジェットスター・ジャパン(GK/JJP)は、国内LCC初となる成田=上海(浦東)線を開設。2017年1月23日から週4便で運航を始める。成田22時15分発GK35便は上海に深夜着、上海2時15分発GK36便は成田に早朝着という設定。

2017年1月23日から3月25日までのダイヤは、GK35便が成田22時15分発、上海1時10分着。月・水・金・日曜に運航。返しのGK36便が上海2時15分発、成田6時05分着。運賃は4980円から。火・木・土・月曜に運航。空港使用料・諸税などは別途。航空券の予約・販売は11月2日10時から。

「ジェットスター・ジャパンのみならず、ジェットスターグループとしても上海への就航は初めて。上海は、歴史が織り成す魅力的な景観を特徴とする世界有数の商業・文化都市。観光やショッピングを気軽に、本場の中華料理を心ゆくまで堪能して」(ジェリー・ターナーCEO)

同社の国際線は、2015年2月の香港線を皮切りに、同年11月に台北線、2016年3 月にマニラ線と順次開設。今回の上海が4番目の国際線就航地に。機材は同社が20機保有するエアバス「A320」を使用。同社は11月時点で国内外14都市、24路線で約100便(1日)を運航している。

「上海から日本への搭乗客は、首都圏の観光のみならず、ジェットスター・ジャパンの国内線を利用し人気観光地へと気軽に足を伸ばせる。当路線の就航で、旺盛な訪日需要をとらえ、地域のさらなる交流・経済活性化に貢献する」(ジェリー・ターナーCEO)

ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設 2017年1月23日から

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  2. 青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

    青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

  3. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

    沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  9. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top