ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設。2017年1月23日から 画像 ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設。2017年1月23日から

インバウンド・地域活性

香港、台北、マニラの次は上海。ジェットスター・ジャパン(GK/JJP)は、国内LCC初となる成田=上海(浦東)線を開設。2017年1月23日から週4便で運航を始める。成田22時15分発GK35便は上海に深夜着、上海2時15分発GK36便は成田に早朝着という設定。

2017年1月23日から3月25日までのダイヤは、GK35便が成田22時15分発、上海1時10分着。月・水・金・日曜に運航。返しのGK36便が上海2時15分発、成田6時05分着。運賃は4980円から。火・木・土・月曜に運航。空港使用料・諸税などは別途。航空券の予約・販売は11月2日10時から。

「ジェットスター・ジャパンのみならず、ジェットスターグループとしても上海への就航は初めて。上海は、歴史が織り成す魅力的な景観を特徴とする世界有数の商業・文化都市。観光やショッピングを気軽に、本場の中華料理を心ゆくまで堪能して」(ジェリー・ターナーCEO)

同社の国際線は、2015年2月の香港線を皮切りに、同年11月に台北線、2016年3 月にマニラ線と順次開設。今回の上海が4番目の国際線就航地に。機材は同社が20機保有するエアバス「A320」を使用。同社は11月時点で国内外14都市、24路線で約100便(1日)を運航している。

「上海から日本への搭乗客は、首都圏の観光のみならず、ジェットスター・ジャパンの国内線を利用し人気観光地へと気軽に足を伸ばせる。当路線の就航で、旺盛な訪日需要をとらえ、地域のさらなる交流・経済活性化に貢献する」(ジェリー・ターナーCEO)

ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設 2017年1月23日から

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

    福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  4. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  8. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

アクセスランキングをもっと見る

page top