【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は? 画像 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

海外進出

【記事のポイント】
▼欧米向けでは脂の乗りがよいブリ、ハマチが輸出の主力に
▼淡泊な鯛は韓国向けが順調、マーケットを選べば商機が
▼寿司へのニーズがあるブリやウニは、保存・輸送技術の向上に活路が


■餌代の値上がりなどをきっかけに、増える海外輸出

 農林水産省の水産物輸出統計(農林水産物輸出入概況)によれば、15年の「日本の水産物・水産食品輸出額」は2157億円で、前年比18%増と過去最高を示した。養殖業者は餌代などのコスト増、国内需要が伸び悩むことから販路を海外へと展開。政府も水産物の輸出額を20年までに3500億円とすることを目標に、さまざまな取り組みを行っている。

 なお、15年における日本の養殖水産物の生産量は107万トンで、全体の22.8%。これまでの消費者は天然物志向で、養殖の魚介類を一段低く見ていた感がある。しかし、最近の養殖水産物は養殖技術の進化により、その品質が向上。安定供給が見込めて価格変動が少ないことから、小売業者や飲食店に見直されてきている。

 その中でも以前から有力な輸出産品となっていたのがホタテだ。日本貿易振興機構(ジェトロ)農林水産・食品部水産品支援課長の相馬巳貴子氏によると、その品質が海外で高い評価を受けているという。

「アメリカのホタテは注射をして大きく見せていますが、日本産は一切、そうした加工を施していません。ヨーロッパのホタテとも種類が異なり、粒の大きな日本産は人気があることから、中国、アメリカ、ヨーロッパなどに広く輸出されています」

 ホタテはフレンチやイタリアン、中華、和食など幅広い料理に応用が利く。調理法においても汎用性があり、生食で良し、加熱しても良しの利便性が重宝されているようだ。

■脂の乗ったブリ・ハマチは欧米で好評

 ホタテは以前から日本における水産輸出の代表格だったが、近年ではほかの養殖水産物でも存在感を表しているものがある。例えば、輸出量でホタテの次に位置するブリ。15年の輸出額は138億円と、ここ数年は増加傾向にある。

「ブリは特にアメリカ向けにプロモーション活動を行ってきました。輸出額全体の84.2%を占めており、大半がお寿司に使われています。ただ、デリバリー用のお寿司の詰め合わせにはサーモンとマグロが主流で、ブリは一貫も入っていません」

 このような状況の背景には、時間が経つと生身の赤い部分が黒っぽく変色してしまう“メト化”がある。これは一酸化炭素処理で防げるが、変色しないことが食中毒の原因にもなりかねないとして、日本では食品衛生法で禁止されている。そこで開発されたのがメト化防止技術。抗酸化物質の投与による褐変抑制と酸素充填解凍の組み合わせによって、メト化防止が可能となった。

「一酸化炭素を使わなくても色落ちを防止することが可能になれば、商品価値が維持できるので、今後はブリのマーケットも拡大すると思います」

《斉藤裕子/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

    ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  4. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  5. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  6. 高級車レクサス、日本のおもてなしでタイ人の心をつかむ

  7. 東急不動産、ジャカルタの注目エリアにて分譲マンション事業が着工

  8. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  9. 日系企業で初、熊谷組が香港の海底道路トンネル運営事業に参画!

  10. 米運輸省が大型バス・トラックに旋回時安全装置(ESC)の装着を義務化

アクセスランキングをもっと見る

page top