工事現場のワーキングシューズが現場の若者に人気、デザインと機能性 画像 工事現場のワーキングシューズが現場の若者に人気、デザインと機能性

制度・ビジネスチャンス

 スポーツ用品メーカーのミズノが、工事現場などで使用するワーキングシューズの販売に力を入れている。同社が開発したワーキングシューズは、日本工業規格(JIS)が定める安全靴の定義とは異なるものの、高いデザイン性や機能性が特徴。今年3月の発売以来、現場で作業する若者を中心に人気を集めている。
 販売するのは「プロテクティブスニーカー」と呼ばれるワーキングシューズ。日本保安用品協会(JSAA)が、安全性や耐久性を備えた作業靴をプロテクティブスニーカーと定め、爪先の耐圧迫性・耐衝撃性などの試験を行っている。
 同社は、少子高齢化の影響でスポーツ用品の販売が減少。新たな分野の開拓を狙ってワーキングシューズの「オールマイティ」を開発した。3月の発売時には年間8万足の販売を見込んでいたが、既に6万足を出荷。予想を大きく上回っているという。
 オールマイティは、衝撃や圧迫から爪先を保護する樹脂製の先芯を内蔵。傷みやすい爪先の表面はゴム材で覆って補強した。足の甲に触れるベロや中敷き、履き口当たりには柔らかい素材を使い、履き心地を高めた。ウオーキングシューズの靴型を基本設計にして高いフィット感も実現した。
 今月20日には、オールマイティのミッドカットタイプの販売を開始する。従来モデル同様の耐久性や履き心地を維持しながら、足首までカバーするミッドカットタイプにしたことで、フィット感をさらに高めた。

ミズノ/ワーキングシューズが現場の若者に人気/6万足出荷

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  2. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

    マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 鶴岡市と三川町の新ごみ焼却施設、DBO方式に

  5. 社保未加入の建設5万業者に行政指導書、異例の一斉送付

  6. 大阪市の市営地下鉄や市営バス、民営化も公営時代のサービスを維持

  7. おにぎり値上げ、業務用米が高値で価格に転嫁/コンビニやスーパー

  8. 私大新入生の家計負担、仕送りは過去最低も入学までの費用は増加

  9. 国交省「技能者キャリアパス見える化検討会」が始動

  10. 上下水道事業のコンセッションを! 経財諮問会議民間議員が提案

アクセスランキングをもっと見る

page top