スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表 画像 スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

海外進出

モーターサイクルショーでお披露目
スズキは2日、インドネシアの子会社スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)が、ジャカルタで現在開催されている「インドネシアモーターサイクルショー」において、アセアン地域に向けた二輪車の新型モデルを公開すると発表した。

同モーターサイクルショーは、11月2から6日まで開催予定。

新型モデル
新たに公開されるのは、「GSX-R150」と「GSX-S150」の2つのスポーツモデル。軽量でコンパクトな車体に147.3立法センチメートルの水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載している。

同社は、大型二輪車「ハヤブサ」などを完成車で同国に輸出販売してきたが、より幅広いユーザーに向けたステップアップモデルとして、小排気量のスポーツバイク「GSX-R150」と「GSX-S150」の投入を決定した。

アセアン諸国の経済成長
アセアン地域における二輪車は、主に日常の交通手段として使用されることが多い。

だが、近年の経済成長とモータースポーツ人気の高まりを受けて、趣味性の高いスポーツモデルの需要も高まっている。

同社は、「GSX-R150」と「GSX-S150」をSIM社で生産し、2017年初頭から同国を始めとしたアセアン地域内で販売を始める予定。地域におけるスズキブランドの向上を図っていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

スズキ、アセアン地域向け二輪車の新型モデルを発表

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  2. SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

    SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

  3. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

    タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  4. SMSやモバイルバンキングも一般的――アフリカでもモバイルブームが本格化

  5. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  6. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  7. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  8. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

  9. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  10. ラオスの空港ターミナル拡張が起工、円借款で施工は安藤ハザマ

アクセスランキングをもっと見る

page top