アパレル副資材のナクシス、ベトナム北部工場が稼働 画像 アパレル副資材のナクシス、ベトナム北部工場が稼働

海外進出

【ベトナム】アパレル副資材のナクシス(京都市上京区)はベトナム北部ハナム省に工場を建設し、1日、操業を始めた。ハナム工場は敷地面積2680平方メートル、従業員約50人で、アパレルタグ、ネーム、ケアラベルなどを製造する。

 ナクシスのベトナムの工場は2015年に操業を開始した南部のドンナイ工場に続く2カ所目。同社はアパレル業界の中国から東南アジア諸国連合(ASEAN)への生産シフトを受け、タイ、インドネシア、ベトナムに工場を設け、供給体制を強化している。
《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  2. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

    ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  5. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  6. ~ポストものづくり時代:3~B2BからB2Cへの脱却!

  7. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  8. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  9. 串カツ田中、シンガポールに東南アジア1号店

  10. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

アクセスランキングをもっと見る

page top