「バスタ新宿」開業半年---利用者はほぼ想定通り 画像 「バスタ新宿」開業半年---利用者はほぼ想定通り

インバウンド・地域活性

国土交通省は、今年4月4日に新宿駅南口に開業した、長距離バスターミナル「バスタ新宿」の開業後半年間の現状と課題についてとりまとめた。

「バスタ新宿」の利用状況では、高速バス利用者が当初計画の平均3万人/日、ピーク時4万人/日を想定していたのに対し、高速バス停集約が完了した7月1日後の平均が約2万9000人/日、最大利用者数が約3万8000人/日と、実績は順調に推移している。

累積利用者数は約446万人、1日平均便数は1468便で、最大1624便だった。方面別トップは箱根、2位が大阪、3位が河口湖だった。

主な課題として購買施設がないことや、女子トイレが少ないなど、待合環境などについて、利用者から改善を求める意見が多い。このため、利用者の声や専門家の意見も聞きながらバス会社やターミナル会社、商業施設と連携して利便性の向上に向けた改善を図る方針。

また、「バスタ新宿」周辺の交通状況では、国道20号バスタ前の急ブレーキ発生件数が平日0.80件/台kmが0.37件/台km、休日が0.61件/台kmが0.35件/台km。事故件数は月間1.5件が1.2件と微減ながら、バス停やタクシー乗降場の移転、レッドゾーン(駐停車禁止)の整備により、事故リスクが軽減しているとしている。

一方で、混雑状況(平均速度)は改善していない。今回の分析やさらなる調査を進め、関係者と協議し、国道20号などの交通円滑化の取り組みを強化するとしている。

「バスタ新宿」開業半年---利用者はほぼ想定通り、周辺道路で事故リスクが軽減

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  7. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  10. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

アクセスランキングをもっと見る

page top