渋谷・銀座のビルの屋上で農業!? 野菜や米収穫、商品化も 画像 渋谷・銀座のビルの屋上で農業!? 野菜や米収穫、商品化も

インバウンド・地域活性

 東京の渋谷や銀座といった大都会のど真ん中のビルの屋上で“農業”に挑む試みが広がってきた。屋上で、少量でもサツマイモや米を栽培・収穫することで、企業や人の縁が芽生えたりお金が回ったりする効果が出ている。植物を植える屋上緑化から、一歩進んだ新しい取り組みだ。
芽生える人や企業の縁
 サツマイモの収穫時期を迎えた東京・銀座の百貨店やデパート、企業の屋上。都心の20カ所以上のビルの屋上でサツマイモをプランターで栽培し、収穫した芋は焼酎として売り出す。今年は150キロ弱の芋を収穫する予定だ。

 仕掛けるのは、NPO法人銀座ミツバチプロジェクト。銀座の屋上で養蜂する活動や屋上緑化の推進に実績がある同法人は企業などと連携し、昨年から焼酎造りを始めた。

 焼酎の名前は「銀座芋人」(いもじん)。農業との共生を目指す新しい都市を「イマジン(想像)」していこうという願いを込めて命名した。昨年、試験販売で720ミリリットルの焼酎を1450本売り出したところ、すぐに完売したことから、今後はさらに生産を増やす予定だ。取り組みに共感し協力したいと申し出る企業も増えている。

 田中敦夫代表は「日本一地価の高い場所で取り組む農的な活動はとてもクリエーティブ。人や企業の縁が広がっていく実感があり、芋人を増殖させたい」と話す。

 当初は企業の社長らと考えた“大人の遊び”で始めた焼酎造りだったが、予想以上の反響があると喜んでいる。
集まった人 みんな笑顔
 東京都渋谷区の道玄坂のビル屋上で仲間と米や野菜を作るのは、都内で出版業を営む小倉崇さん(48)。野菜は昨年から栽培し今春からペットボトルで稲作に挑戦する。

 全国の有機農家への取材を重ねて農業に関心を深めていった小倉さん。都会で生まれ育ち仕事をしている中で、土や地域と向き合う農家の姿に生きる意味を考えた。屋上の空きスペースで栽培すればよいと思いつき、トウモロコシやトマト、ニンジン、エダマメなどを栽培。現在、渋谷区のカフェに出荷をする。

 コンクリートに囲まれた大都会での作業には、珍しさからかいろいろな人が集まり、つながりが芽生えていく実感がある。小倉さんは都会での畑作りの楽しさや苦闘を著書『渋谷の農家』にまとめ、今秋に出版した。

 小倉さんは「屋上の空きスペースを活用したら、都会も生産地になるはず。渋谷の畑に集まった人はみんな笑顔になる。可能性がたくさんある」と感じている。

ビルの屋上で農業繁盛 野菜や米収穫、商品化も

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  8. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top