横浜市中区に超高層複合施設、市内最高の58階建て 画像 横浜市中区に超高層複合施設、市内最高の58階建て

インバウンド・地域活性

 三井不動産レジデンシャルと丸紅は1日、横浜市中区で計画している超高層複合施設の建設工事に着手した。58階建て延べ16・8万平方メートル規模の住宅・商業・文化複合施設で総戸数は1100戸、横浜市内では最高層・最大規模となる。設計・監理・施工は鹿島が担当。20年2月の竣工を目指す。
 建物名称は「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」。建設地は中区北仲通5の57の2ほか。横浜のみなとみらい21地区と関内地区を結ぶ横浜の中心エリア。20年6月には隣接地に新市庁舎が移転する予定。敷地面積は1万3135平方メートル。建築面積は8760平方メートル。建物はRC一部S造地下1階地上58階建て延べ16万8225平方メートルで高さは約200メートル。
 分譲住宅を中心に宿泊施設、商業施設、文化施設などで構成し、46~51階にはサービス付き長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が横浜エリアに初進出する。分譲マンションは5~58階(46~51階を除く)。低層階の1、2階には延べ約6000平方メートルの商業・文化ゾーンを整備。スーパーマーケットやカフェ、レストランなどが入る予定。
 建物基壇部には横浜市認定の歴史的建造物「旧横浜生糸検査所付属生糸絹物専用B号倉庫およびC号倉庫(倉庫棟)」を文化創造の核として保存・復元する。

三井不レジ、丸紅/横浜市中区に超高層複合施設、鹿島で着工/市内最高の58階建て

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top