JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷。2016年4-9月期 画像 JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷。2016年4-9月期

インバウンド・地域活性

日本航空(JAL)は、2016年上半期(4~9月)の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同期比1.6%減の421万3414人と前年を割り込んだ。ただ、利用率は80.0%と8割台となった。

方面別の旅客人数は、太平洋線、中国線を除いて前年割れとなった。東南アジア線は同3.4%減の162万8784人だった。ハワイ・グアム線が同6.4%減の55万7009人、韓国線が同9.1%減の29万5632人と低迷した。欧州線も同2.0%減の33万6499人だった。

中国線は同3.1%増の71万6687人、太平洋線は同8.9%増の60万7607人だった。

国内線の旅客人数は同0.3%増の1613万0936人と前年を上回った。幹線は全体的に低調だったものの、羽田発のローカル線などが順調だった。利用率は68.0%だった。

貨物郵便輸送実績は国際線貨物が同1.4%増の15万2717トン、郵便が同4.7%増の1万6876トンだった。国内線貨物が同2.5%減の19万5098トン、郵便が同3.8%増の1万5776トンだった。

JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷 2016年4-9月期

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 兵庫県明石市/西明石駅前旧国鉄清算事業団用地開発、マンションや公共施設

    兵庫県明石市/西明石駅前旧国鉄清算事業団用地開発、マンションや公共施設

  3. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  6. ■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

  7. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

アクセスランキングをもっと見る

page top