JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷。2016年4-9月期 画像 JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷。2016年4-9月期

インバウンド・地域活性

日本航空(JAL)は、2016年上半期(4~9月)の輸送実績を発表した。

国際線の旅客人数は前年同期比1.6%減の421万3414人と前年を割り込んだ。ただ、利用率は80.0%と8割台となった。

方面別の旅客人数は、太平洋線、中国線を除いて前年割れとなった。東南アジア線は同3.4%減の162万8784人だった。ハワイ・グアム線が同6.4%減の55万7009人、韓国線が同9.1%減の29万5632人と低迷した。欧州線も同2.0%減の33万6499人だった。

中国線は同3.1%増の71万6687人、太平洋線は同8.9%増の60万7607人だった。

国内線の旅客人数は同0.3%増の1613万0936人と前年を上回った。幹線は全体的に低調だったものの、羽田発のローカル線などが順調だった。利用率は68.0%だった。

貨物郵便輸送実績は国際線貨物が同1.4%増の15万2717トン、郵便が同4.7%増の1万6876トンだった。国内線貨物が同2.5%減の19万5098トン、郵便が同3.8%増の1万5776トンだった。

JAL、国際線旅客人数がマイナス…東南アジア線や韓国線低迷 2016年4-9月期

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. リニア新幹線が南アルプストンネル長野工区で安全祈願・起工式開く

アクセスランキングをもっと見る

page top