「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室 画像 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

インバウンド・地域活性

商船三井フェリーは、大洗=苫小牧航路を運航する「さんふらわあ ふらの」「さんふらわあ さっぽろ」の代替船として2017年5月と2017年8月に新造船が就航すると発表した。

新造船は、旅客定員が590人。積載能力が大型トラック約160台、乗用車約100台。総トン数は約1万4000トン。ジャパン・マリンユナイテッドの磯子工場で製造している。

新造船は、個室率を現行船比20%増となる91室へ引き上げる。全体の半分が個室となる。最上階に配置される「スイート」と「プレミアム」には「バルコニー」を配置、快適なプライベート空間を提供する。「スーペリア」にはシャワーとトイレを完備し、客室設備を拡充。「コンフォート」は、プライバシーを確保したテレビ付きカプセル寝台とする。ペット同伴対応の個室部屋、ドッグランを新設する。

また、二層吹き抜け構造により開放的なプロムナード空間を提供する。プロムナードやレストランにラウンジスペースを配置し、パブリックスペースを大幅に拡張する。船内バリアフリー対応を拡充するとともに、安全で安心な施設配置とエレベーター設備を拡充する。

節水型機器を採用し、環境に優しく清潔感のあるレストルームを設置する。推進システムに二重反転プロペラを採用することで、高速化と高い環境性能の両立を図る。

大洗港出発時間を19時45分とし、現行より1時間15分遅らせ、苫小牧入港は現行と同じ翌日の13時30分とする。物流事業者向けに関東圏での集荷範囲を拡大、利便性向上を図る。冷凍冷蔵貨物など、電源を必要とする車への電源設備を現行の1.6倍に増設する。

「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室 2017年5月と8月

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

    「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. 九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催

  8. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  9. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  10. 熊本地震で被災した阿蘇神社の復旧工事、楼門解体作業が大詰め

アクセスランキングをもっと見る

page top