熊本県が動画「熊本地震復旧・復興へ」を制作、建設業の役割・思いを発信 画像 熊本県が動画「熊本地震復旧・復興へ」を制作、建設業の役割・思いを発信

インバウンド・地域活性

 熊本県は、建設産業の担い手確保に向け取り組んでいる建設産業イメージアップ戦略事業の一環として、熊本地震の復旧・復興で重要な役割を果たした建設産業をPRする動画「つくる部 熊本地震復旧・復興へ」=写真=を制作した。無料動画共有サイトのユーチューブで配信しているほか、県のホームページにもアップしている。
 動画では余震が続く中、県民のライフラインの復旧や被災者救助のための道路啓開に奮闘した建設産業の活動を紹介。被災箇所で現在も復旧工事に当たる現場の技術者に被災現場を初めて見たときの気持ちや復旧への思い、仕事のやりがいなどを県のマスコットキャラクター「くまモン」がインタビューする。時間は6分47秒。
 県では「建設産業の力、県民の安全・安心を支えているという仕事の魅力を広く知ってもらいたい」としている。

熊本県/動画「熊本地震復旧・復興へ」制作/建設業の役割・思いを発信

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

    【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  4. 魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス!

  5. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  6. 冷凍チャーハン過熱! 原料米にこだわり各メーカー新商品投入

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 東京駅前「KITTE」で岩手復興展開催、物産・工芸品の販路拡大へ 10月23-25日

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

アクセスランキングをもっと見る

page top