熊本県が動画「熊本地震復旧・復興へ」を制作、建設業の役割・思いを発信 画像 熊本県が動画「熊本地震復旧・復興へ」を制作、建設業の役割・思いを発信

インバウンド・地域活性

 熊本県は、建設産業の担い手確保に向け取り組んでいる建設産業イメージアップ戦略事業の一環として、熊本地震の復旧・復興で重要な役割を果たした建設産業をPRする動画「つくる部 熊本地震復旧・復興へ」=写真=を制作した。無料動画共有サイトのユーチューブで配信しているほか、県のホームページにもアップしている。
 動画では余震が続く中、県民のライフラインの復旧や被災者救助のための道路啓開に奮闘した建設産業の活動を紹介。被災箇所で現在も復旧工事に当たる現場の技術者に被災現場を初めて見たときの気持ちや復旧への思い、仕事のやりがいなどを県のマスコットキャラクター「くまモン」がインタビューする。時間は6分47秒。
 県では「建設産業の力、県民の安全・安心を支えているという仕事の魅力を広く知ってもらいたい」としている。

熊本県/動画「熊本地震復旧・復興へ」制作/建設業の役割・思いを発信

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  8. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  9. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top