Made in USAの「山田錦」。米国産清酒はホンモノか? 画像 Made in USAの「山田錦」。米国産清酒はホンモノか?

海外進出

 米の生産量が全米の半分を占めるアーカンソー州で、一風変わった米が収穫された。酒造好適米の「山田錦」や「五百万石」「雄町」だ。試験栽培は5年ほど前から始まり、作付けは今年、45ヘクタールに広がった。収穫後は米国内の大手酒造メーカーや、各地の「地酒」メーカーに供給される。米国への日本酒(清酒)輸出が増える中、高級な酒米を使った米国産地酒と競争が始まる可能性が出てきた。
消費者関心、作付け増加 日本産 ライバルに 米国
 「日本の品種は昔から栽培してきたから、あまり問題はなかった」

 同州イングランドで長粒種米を中心に1400ヘクタールを経営するクリス・イザベルさん(60)は、収穫前の酒造好適米の田んぼを見渡して満足げに語った。

 イザベルさんは、少なくとも20年前から「コシヒカリ」の栽培を始め、その数年後には日本に輸出。だが、「同じ米農家をあまり困らせたくない」と対日輸出をやめた。それでもメールアドレスは「コシヒカリ」と堂々と名乗っているところに、日本品種に懸ける彼の意気込みがうかがえる。

 酒造好適米の栽培に着目したのは数年前。昨年から面積を拡大し、今年は販路を拡大した。カリフォルニア州にある大手の日系酒造メーカーに「山田錦」などを売っている。イザベル農場の米販売価格は、玄米45キロで171ドル、日本円で約1万8000円になる。「普通の長粒種に比べれば10倍ほど高いが、日本の相場の半分ぐらい」とイザベルさんは説明する。10アール当たりの収量に換算すると、もみで560キロ、玄米なら420キロになる計算だ。

 米国育ちの米で造る清酒が盛んになっている背景には、「清酒に対する味覚が洗練されてきた米国の消費者が、原料の酒米にまで関心を払うようになってきたことがある」とイザベラさん。

 課題は、高品質の酒米の入手だ。そこに白羽の矢が立ったのが、日本の米作りに詳しいイザベルさんというわけだ。「私の酒米で、数年以内に米国産清酒の品質は大きく向上するだろう」。イザベル農場に刺激され、米国内の酒米生産は、さらに拡大する可能性を秘めている。

 カリフォルニア米を原料とした、米国産の清酒生産が始まったのは1980年ごろ。現地の日本食レストランや日系スーパーなどで需要が増し、日本の大手酒造メーカーが相次いで進出した。

 現地の状況に詳しい国税庁の担当者によると、「米国内の需要の8割はこうした現地生産で賄われ、残りの2割が日本からの輸出」(酒税課)とみる。現地で好まれるのは甘口の安価な清酒で、小売店などでは米国産が750ミリリットルで800円程度から販売されている。

 一方、日本から輸出されるのは「山田錦」を使った高級な純米吟醸など高価な商品が多い。2015年の日本からの日本酒輸出額は140億円と前年の22%増。10年前に比べれば2倍以上だ。うち、米国向けが50億円で4割を占め、圧倒的なトップを占める。

 高品質な米国産清酒が広く出回ることで“本家”日本産の価値が高まり、日本酒の輸出に拍車が掛かるのか。それとも、実力を上げつつある米国産が普及し、日本産の手ごわい競争相手となるのか――。米国で進む酒米生産は、新たな波紋を広げそうだ。(特別編集委員・山田優)

Made in USA 「山田錦」も醸造も 地酒じわり拡大

《日本農業新聞》

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  3. ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画

    ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画

  4. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

  7. 世界銀行、ミャンマーの経済成長予測を発表。日本より順調ながら・・・

  8. 三菱商事、ジャカルタの分譲マンション事業に参画へ

  9. 日本の野菜を英国へ、成田で試験輸出のため検疫・通関検証

  10. 中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ

アクセスランキングをもっと見る

page top