【新価値創造展:1】新技術が生んだデジタル陶器と終活ノート 画像 【新価値創造展:1】新技術が生んだデジタル陶器と終活ノート

イベント

【記事のポイント】
▼新たな技術は付加価値をつけるチャンスととらえる
▼オンデマンド=自分だけの一品というニーズに対応する
▼3Dプリンターはアートを絡めた新たなジャンルを生み出す


 少子化やデフレの影響もあって企業の成長が足踏みする中、その活路を新たな業態に生かそうという動きがでている。磨き続けてきた技術を生かしながら、新たな商品やサービスに挑戦する。いわゆる“新業態”だが、従来の方法論が通用しない部分もあって、苦戦を強いられている企業も多いようだ。

 10月31日から東京ビッグサイトで開催された中小企業総合展「新価値創造展2016」でも、そんな新業態に挑戦している企業がいくつか見られた。彼らは、どうやって新業態を成功に導こうとしているのか? その方法論から成功への筋道を探る。

■オンデマンド印刷という価格破壊に、新たな付加価値を探る

 大量生産大量消費から少量多品種へとニーズが移る中で、様々な業種が経営戦略の転換を進めている。印刷業もそのひとつで、注文に応じて小ロットからの印刷に対応する「オンデマンド印刷」を行なう事業者が増えた。

 53年創業の総合印刷新報社でも、約3年前からオンデマンド印刷への対応をはじめた。オンデマンド印刷ではデジタル印刷機を使用するため、従来のオフセット印刷に比べてコストを抑えることができる。そのため市場では安価に提供されているが、それは顧客にとってうれしいことでも、企業にとっては売り上げを頭打ちにしている一因となっている。

 オンデマンド印刷を続けるには、会社のビジネスとして成立させるための仕組みが必要となる。それを検討しているのが、同社の企画部門を担当する子会社シンポウコーポレーションだ。ここでデザイナーを担当する木川悦子氏によると、現在はノベルティや自社製品などで仕掛けを行なっているという。

「ノベルティであれば渡す方の企業名が入っているのと、相手の名前が入っているのでは、貰ったときの印象がまったく変わります。この名入れの部分が、オンデマンド印刷で実現した取り組みとなります。企業名のPRは包装部分に入れればいいわけで、その方がよっぽど価値のある贈りものとして喜ばれますよね」

 また、同社ではノートへのオンデマンド印刷も提案している。名入れができるハードカバーの冊子は、終活用のエンディングブックなどに。さらに、大人向けにやはり名入れができるノートを提供しているが、これは以前に行なった子供向けイベントにヒントを得たものとのことだ。

「名入れをしたノートに、子供たちが思い思いのデコレーションをするイベントだったのですが、思いのほかにお母さんたちの反応が良かったんです。今の世の中には万人に向けた商品はいくらでもあるので、自分だけの一冊をつくる、貰うという感動に新たなニーズを感じています」

 なお、名入れは箔押しでも行なえるが、これも金型を必要とせずに、オンデマンドで印刷できる仕組みを導入している。現場で箔押しをすぐ試せるので、商談時の反応もよく、仕上がりのイメージがつかめるので納品トラブルも少ないとのことだ。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  2. Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

    Googleの提唱する働き方改革成功のポイント/ワークスタイル変革EXPO

  3. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  4. セミナー「次世代型英語教育へのチャレンジ」/小中高大の教職員、教育関係者向け

  5. 今年度の「そろばん日本一」が決定

  6. ダイバイヤー 番組裏トーク|精肉業の自社ブランド成功の理由

  7. 関西教育ITソリューションEXPO、関西では初めて/セミナーも

  8. ラジオ体操コンクール入賞チームを決定

  9. 【新ものづくり・新サービス展:2】新業態を成功させるツボ

アクセスランキングをもっと見る

page top