伊勢総合病院・新病院建設、南海地震時の拠点機能も 画像 伊勢総合病院・新病院建設、南海地震時の拠点機能も

インバウンド・地域活性

 三重県伊勢市の市立伊勢総合病院は近く、新病院建設本体工事に着手する。24日に清水建設・吉川建設・伊藤工務店・山信工業・シンフォニアエンジニアリングJVと契約した。契約額は121億9968万円(税込み)。工期は18年9月28日。19年早期の開院を目指す。
 新病院は、楠部町の現病院南側に建設される。規模はRC・S造(免震構造)5階塔屋2階建て延べ2万4807平方メートル。病床数は300床。南海地震など大規模災害時の拠点病院機能を持たせる。最新のがん放射線治療を行うほか、リハビリテーション施設の充実を図る。屋上にはドクターヘリ用のヘリポートを設置する。三重大学や地域の医療・福祉施設との連携も強化する。基本設計は安井建築設計事務所が担当した。
 建設に当たってはECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式を採用。昨年10月にプロポーザルを公告し、1月18日のヒアリングを経て、2月に実施設計協力者・施工予定者に清水建設を選定していた。工事契約は、同社が市内の建築企業や機械・電気設備企業と共同企業体を結成して行った。
 コスト削減のためエネルギー棟については別契約とし、清水建設が自社資金で建設・管理し、病院が15年かけて償還する。併設する保育所もS造250平方メートルからW造220平方メートルに見直した。

伊勢総合病院(三重県伊勢市)/新総合病院建設/清水建設JVと契約締結

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  10. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

アクセスランキングをもっと見る

page top