寿司レストラン「スシキン」、満を持してインドネシア進出 画像 寿司レストラン「スシキン」、満を持してインドネシア進出

海外進出

進出は来年になる見通し
マレーシアの日系複合企業、テクスケム・リソーシズ(TRB)の小西史彦会長は、傘下の寿司レストラン「スシキン」が来年、インドネシアに進出することを明らかにした。
我々はすでに専門チームをつくり、現地の市場調査と、規制や法律に合わせたコンプライアンスの検討を始めている。(THE STAR ONLINEより)

と、小西会長は語った。

だが、新店舗の開店時期や場所については明らかにしなかった。

ハラル認証取得という強み
近年、スシキンは、ハラル認証を取得した店舗をマレーシア国内で増やしてきた。現在、店舗は105店に上る。

ハラル認証とは、食品やサービスなどがイスラム教の戒律を満たしていることを認定するもの。ハラル認証を取得していると、イスラム教徒を顧客としたビジネスチャンスが広がる。

インドネシア進出
インドネシアは域内で最大の約2億5500万人の人口を持ち、その約9割がイスラム教徒。スシキンは、このイスラム教徒のマーケットに分け入っていくのがねらいだ。

しかしながら、ハラル認証を取得したといっても、東南アジアのようなさまざまな宗教が入り交じる地域では、国・地域によって認証取得の条件が異なることが多い。

スシキンがマレーシアで獲得した信頼と実績が、インドネシア国内の各地域でどれほど通用するのか、ふたを開けてみないことには判断できそうにない。
《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  5. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  9. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  10. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

アクセスランキングをもっと見る

page top