【SYNC TRAVEL】日本にいながら世界観光! VRと通信を使ったサービス 画像 【SYNC TRAVEL】日本にいながら世界観光! VRと通信を使ったサービス

IT業務効率

KDDIとナビタイムジャパンは、国内初となるVR(バーチャル・リアリティ)を活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供する。

「SYNC TRAVEL」は、「世界旅行を、もっと自由に。」をテーマに、VRと通信を使って日本と世界をリアルタイムでつなぐ、全く新しい形の遠隔海外旅行サービス。

特設会場に専用のVRゴーグルと現地ガイドが持つ360度カメラをリアルタイムで接続する。ガイドを通じて観光スポットを巡って旅行先の人々とのコミュニケーションを楽しむことができ、見えている風景を写真で撮影したり、お土産を選んで日本で受け取ることができる。

また、VR体験後には、遠隔体験した国の飲み物を提供する。体験したVR録画映像とオリジナルデザインのVRゴーグル「ハコスコ」を後日プレゼントする。これにより、いつでも遠隔海外旅行の思い出を360度のリアルな映像で振り返ることができる。

「SYNC TRAVEL」は、10月20日にナビタイムジャパンの新サービス「NAVITIMEトラベル」で応募受付を開始し、11月3日、4日に東京・表参道の特設会場でイギリス(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(シドニー)とつなぐ遠隔海外旅行サービスを28組の顧客に提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

    ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】“フィンテック革命”を小売り店に~Square、PayPalの事例から~

    【商売を大逆転させる、スマート決済!】“フィンテック革命”を小売り店に~Square、PayPalの事例から~

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  6. 鹿島、コマツ/建機自動化システム開発体制強化/理研とAI導入促進チーム発足

  7. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  8. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  9. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  10. 「Suicaとはここが違う」単なる決済手段ではないWeChatPayの強さ

アクセスランキングをもっと見る

page top