【SYNC TRAVEL】日本にいながら世界観光! VRと通信を使ったサービス 画像 【SYNC TRAVEL】日本にいながら世界観光! VRと通信を使ったサービス

IT業務効率

KDDIとナビタイムジャパンは、国内初となるVR(バーチャル・リアリティ)を活用したリアルタイム遠隔海外旅行サービス「SYNC TRAVEL」を期間限定で提供する。

「SYNC TRAVEL」は、「世界旅行を、もっと自由に。」をテーマに、VRと通信を使って日本と世界をリアルタイムでつなぐ、全く新しい形の遠隔海外旅行サービス。

特設会場に専用のVRゴーグルと現地ガイドが持つ360度カメラをリアルタイムで接続する。ガイドを通じて観光スポットを巡って旅行先の人々とのコミュニケーションを楽しむことができ、見えている風景を写真で撮影したり、お土産を選んで日本で受け取ることができる。

また、VR体験後には、遠隔体験した国の飲み物を提供する。体験したVR録画映像とオリジナルデザインのVRゴーグル「ハコスコ」を後日プレゼントする。これにより、いつでも遠隔海外旅行の思い出を360度のリアルな映像で振り返ることができる。

「SYNC TRAVEL」は、10月20日にナビタイムジャパンの新サービス「NAVITIMEトラベル」で応募受付を開始し、11月3日、4日に東京・表参道の特設会場でイギリス(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(シドニー)とつなぐ遠隔海外旅行サービスを28組の顧客に提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

    【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  4. 「部屋全体をデジタル化する技術」を富士通が発表、壁や机がモニターに

  5. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  7. おっちゃんEVの町工場、夢語る場作りへ!

  8. 横浜市、仮想発電所構築で小中学校に蓄電池群を整備

  9. 太田国交相、現場作業用ロボットスーツ「HAL」に太鼓判

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top