浜松河川国道、三遠南信道路の佐久間第1トンネルが貫通 画像 浜松河川国道、三遠南信道路の佐久間第1トンネルが貫通

インバウンド・地域活性

 ◇施工は西松建設と大林組
 中部地方整備局浜松河川国道事務所が建設を進めている三遠南信自動車道佐久間第1トンネル(仮称)が貫通し、西松建設と大林組の主催による貫通式典が21日、トンネル内の愛知、静岡県境付近で行われた。地元自治体や小学生、工事関係者など約300人が出席。貫通の儀、地元小学生による通り初めの儀、鏡開きが行われトンネルの無事貫通を祝った。
 三遠南信自動車道は広域ネットワークの構築や地域活性化、災害に強い道路機能の確保などを目的に整備を進めている。愛知、静岡県境を結ぶ佐久間第1トンネルは延長3435・6メートル。西松建設は愛知県側(東栄町)から佐久間道路東栄地区第1トンネル新設工事(延長1888・6メートル)として、大林組は静岡県側(浜松市天竜区佐久間町)から佐久間道路浦川地区第1トンネル新設工事(延長1555メートル)として13年9月からNATMで掘削を進めていた。今後は覆工を進め18年度中の供用開始を目指す。

中部整備局浜松河川国道/三遠南信道路佐久間第1トンネルが貫通

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

    知られざる“爆売れ”、その理由は?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  4. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  9. 岐阜県中津川市/リニア車両基地周辺、官民連携で新たなまちづくり

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top