コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立 画像 コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立

海外進出

アジアの開発ハブ
建設機械大手のコマツは、コマツインドネシアの敷地内に、インドネシア市場向けだけでなく、アジア市場向け商品の企画、開発を目的とした「アジア開発センタ(Asia Development Center)」を設立した。

それぞれの土地にあった物作り
「アジア開発センタ」では、インドネシアの他、タイ、フィリピンなど、東南アジアの国々を中心に、気候や使用条件を考慮して、それぞれの土地にあった仕様車、オプション品、アタッチメントを開発する。

そのため、ユーザーの要望を把握するべく、現地人材を中心とした仕組み作りを進める。

単一モデルの世界展開を進める一方で
コマツでは、単一モデルで世界的な展開が可能な商品「ダントツ商品」の開発を第一に掲げているが、その一方、地域の特色に合った商品を強化する方針も打ち出している。

コマツは中国や中南米、アジア、アフリカなどを「戦略市場」と位置づけ、商品開発と人材の育成に力を入れている。「アジア開発センタ」は、今後も成長が見込まれる東南アジアだけではなく、コマツのアジア地域における母艦的役割を持つことになる。

アジアの「ダントツNO.1」を
コマツでは、「ダントツ商品」によるグローバルな展開と、ユーザーの近くに立った製品やオプション開発により、まずはアジアの「ダントツNO.1」を目指す。

(画像はプレスリリースより)

コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センタ設立

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  4. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  5. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  6. 越境ECサイトで成功、海外に必要とされる中古車輸出とは?

  7. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  8. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  9. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  10. 大和ハウスら3社、ベトナム・ホーチミンで大規模住宅開発

アクセスランキングをもっと見る

page top