コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立 画像 コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センターを設立

海外進出

アジアの開発ハブ
建設機械大手のコマツは、コマツインドネシアの敷地内に、インドネシア市場向けだけでなく、アジア市場向け商品の企画、開発を目的とした「アジア開発センタ(Asia Development Center)」を設立した。

それぞれの土地にあった物作り
「アジア開発センタ」では、インドネシアの他、タイ、フィリピンなど、東南アジアの国々を中心に、気候や使用条件を考慮して、それぞれの土地にあった仕様車、オプション品、アタッチメントを開発する。

そのため、ユーザーの要望を把握するべく、現地人材を中心とした仕組み作りを進める。

単一モデルの世界展開を進める一方で
コマツでは、単一モデルで世界的な展開が可能な商品「ダントツ商品」の開発を第一に掲げているが、その一方、地域の特色に合った商品を強化する方針も打ち出している。

コマツは中国や中南米、アジア、アフリカなどを「戦略市場」と位置づけ、商品開発と人材の育成に力を入れている。「アジア開発センタ」は、今後も成長が見込まれる東南アジアだけではなく、コマツのアジア地域における母艦的役割を持つことになる。

アジアの「ダントツNO.1」を
コマツでは、「ダントツ商品」によるグローバルな展開と、ユーザーの近くに立った製品やオプション開発により、まずはアジアの「ダントツNO.1」を目指す。

(画像はプレスリリースより)

コマツ、現地製品企画強化でアジア開発センタ設立

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ASEAN食品の展示商談会開催 10月19-22日

    ASEAN食品の展示商談会開催 10月19-22日

  2. マレーシア国債、「ポジティブ」から「安定的」に…ムーディーズ

    マレーシア国債、「ポジティブ」から「安定的」に…ムーディーズ

  3. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

    【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  4. 社員の発案きっかけ、ミャンマーで小中学校建設に協力

  5. ドイツ、モノづくり文化の危機…VWショックでギリシャ問題再燃も

アクセスランキングをもっと見る

page top