若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%? 画像 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

制度・ビジネスチャンス

 日本農業新聞が、東京都内の20歳代100人に米の消費に関する街頭調査を行ったところ、1カ月間に米を「食べない」割合が16%に上った。米を食べる頻度が「週1回未満」も9%と合計で25%を占め、若者の米離れが改めて浮き彫りになった。米を食べない理由には「手軽でない」「ダイエット」などが上位に挙がった。偏食の傾向も表れ、最もよく食べる主食では4割超が麺類やパン・ピザなど米以外を選んだ。

 「1カ月どのくらいの頻度で米を食べるか」の問いに「ほぼ毎日」と回答したのは54%。「週1回以上」は21%だった。「食べない」は16%で、特に一人暮らしでは26%と割合が高まった。

 「最もよく食べる主食」は、米(57%)が最も多く、麺類(22%)、パン・ピザ(20%)と続いた。男性は麺類の人気が高く、女性は“パン・ピザ派”が多かった。自由回答では「朝、昼は麺やパンだけ」「夜はおかずしか食べない」など偏食が垣間見える答えが目立った。

 「1カ月どのくらいの頻度で米を自分で炊いたか」を聞くと「ほぼ毎日」はわずか6%にとどまり、「炊かない」が62%に上った。米を食べない理由は「手軽でない(炊くのが面倒)」が38%で最も多く、「ダイエットのため」が32%だった。女性だけで見ると「ダイエットのため」が最も多い46%を占めた。その他に「米はおかずを作らなければいけない」「ラーメンの方がおいしい」「食べる機会がない」などの理由が挙がった。

 農水省が昨年10月に実施した調査でも、月に一度も米を食べていない割合が20歳代男性で2割に上った。今回の街頭調査も同様の傾向だった。

 調査は10月上・中旬の4日間、JR新宿駅とJR渋谷駅前で20歳代の男女各50人に聞いた。一人暮らしは35人、家族などとの同居や寮住まいが65人だった。

若者 米離れ浮き彫り 週1回未満4人に1人 本紙調査

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  2. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

    【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

    主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  4. 【おおさか地域創造ファンド:1】地場産業に確かな道筋を!

  5. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  6. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  9. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  10. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

アクセスランキングをもっと見る

page top