JR東海が新幹線の脱線防止ガード向け検査装置を開発、一晩で50キロ検査可能に 画像 JR東海が新幹線の脱線防止ガード向け検査装置を開発、一晩で50キロ検査可能に

IT業務効率

 JR東海は東海道新幹線の軌道部で設置が進む脱線防止ガードの検査業務で、より効率的・高精度に検査できる装置を開発した。レーザーを複数方向から照射してレールとガードの状況を自動で測定する。既存の保守用車(レール探査車)の前後に装置を搭載すると、一晩の検査走行で約50キロの検査が可能という。17年度の運用開始を目指している。
 同社は東海道新幹線の地震時の脱線・逸脱防止対策を09年から推進中。脱線防止ガードの設置済み延長は15年度末時点で上下線合わせて約360キロに上る。
 同ガードの状態を適切に維持するため、同社では年1回、社員が現地で検査を行う。検査内容は▽レールとガードの間隔(高さ、離れ)▽隣接するガード同士の間隔(遊間)▽ボルトの締結状態(緩み)-の3項目。3人1組で定規などを用いて行う一晩の検査距離は1・5キロ程度のため、設置範囲の拡大で検査量も増大し、検査方法の効率化と精度向上が求められていた。
 新開発の検査装置では、在来線軌道・電気総合試験車(ドクター東海)で使用している2次元レーザーを活用。これまで測定範囲がボルトの緩みに限定されていたものを、3項目を同時に検査できるようにシステムを高度化した。非接触で高精度(0・1ミリ単位)に測定可能。東海道新幹線全線を年2回走行する保守用車に搭載することで、測定頻度も高まる。
 研究開発費は0・6億円、装置関係の設備投資額は1億~1・2億円を見込む。

JR東海/新幹線の脱線防止ガード向け検査装置開発/一晩で50キロ検査可能に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  4. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. ファブ施設での農業関連利用が広がる、1日数千円で3Dプリンターやレーザー加工機など

  6. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  7. 学校のICT化、都道府県で進捗の差/マイクロソフト調査

  8. 三代目社長のHANJO記:第1話――町工場再生と航空宇宙への道

  9. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

  10. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

アクセスランキングをもっと見る

page top