SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始 画像 SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

海外進出

SGホールディングスと日立物流は、両社の海外事業会社である佐川急便ベトナムと日立物流バンテック(タイ)が共同配送で年10月20日からタイ~ベトナム間のクロスボーダートラック混載輸送サービスを開始すると発表した。

これまで、佐川急便ベトナムはベトナム国内全域、日立物流バンテック(タイ)がタイ国内全域の輸送ネットワークで、それぞれ東南アジアネットワークを強化してきた。隣国間の輸送では、越境後、輸送を他社に委託しており。車両の安定的な確保が課題となっていた。

今回、タイ/ラオスの国境に両社の貨物積み替え拠点を新設して日立物流バンテック(タイ)がタイ国内輸送を、佐川急便ベトナムがベトナム国内とベトナム・ラオス間輸送を担う新たな共同配送ルートを確立する。タイ・ラオス国境でコンテナごとそれぞれの車両へ積み替え、新たな貨物を載せた車両が各社の拠点まで輸送する。

バンコク~ムクダハン・サワンナケート~ハノイを結ぶ約1500kmの共同配送で、輸送周期は週1便。輸送リードタイムは4営業日となる。

今回の両社の連携により、海上輸送では集荷~指定場所への配送まで8営業日かかるところ、クロスボーダートラック混載輸送により4営業日での配達が可能となる。また、安定した車両確保に加え、積み替え地(越境地点)での荷扱い工程を省くことができ、定期運行の実現、安全・高品質な輸送サービスの提供が可能になるとしている。

SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始…所要4日に短縮

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

    三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

  3. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  4. バンコクの日系企業向けサービスオフィス、投資の伸びを追風に

  5. 国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

  6. アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合、走行ビッグデータ活用へ

  7. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  8. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  9. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

アクセスランキングをもっと見る

page top