山口県長門市で庁舎建替。W・RC造5階建てでは国内最大級! 画像 山口県長門市で庁舎建替。W・RC造5階建てでは国内最大級!

制度・ビジネスチャンス

 山口県長門市は、現在地で建て替える新庁舎の基本設計をまとめた。木造とRC造によるハイブリッド構造の5階建て延べ7000平方メートルの規模で、同様の構造では国内最大級となる。すべての階に耐火木構造部材を使用。中でも1階の柱と梁を2時間耐火とした造りは全国初となる。総事業費は47億5000万円。このうち5億8000万円は、木造建築物の普及啓発を図る国土交通省の「サステナブル建築物先導事業(木造先導型)」の補助金を充てる。
 17年12月着工、19年9月完成、20年7月の全面開庁を目指す。設計は東畑建築事務所・藤田建築設計事務所・M・DESIGN ASSOCIATES一級建築士事務所JVが担当した。
 新庁舎は現市役所本庁南側駐車場(東深川1339の2ほか)に建設。規模は、新庁舎棟がRC・W造(免震構造)5階建て延べ7096平方メートル。1階には市民広場と一体利用できるRC・W造(免震構造)平屋のエントランス棟も併設する。すべての構造材や内装材に長門市産の木材を利用、必要な原木量は約2800立方メートルを見込んでいる
。 設計に際しては、基本理念を「安全・安心の拠点として、利用しやすく親しみのある庁舎」とし、▽市民の暮らしを守る▽利用しやすく親しみがある▽人に優しい▽ICT(情報通信技術)化へ対応▽環境配慮型-を基本方針に設定した。
 事業費は、新庁舎建設工事が38億円、既存の本庁舎別館と車庫棟の改修に7000万円、外構工事2億7000万円、既存建物解体に1億2000万円、その他4億9000万円で総額49億5000万円と試算。引き続き実施設計を行うともに、17年度から木材を調達。17年10月ごろに工事発注準備に入り、同12月めどに着工。19年10月に新庁舎を完成させ、既存施設の改修や解体、外構工事などを進め20年7月の全面開庁を目指す。

山口県長門市/庁舎建替/W・RC造5階建てに、17年12月着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 全建総連が16年度標準賃金目標を決定。1日2万6000円で東建に申し入れ

    全建総連が16年度標準賃金目標を決定。1日2万6000円で東建に申し入れ

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  6. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  7. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  8. 中間階免震対応の工事用エレベーター実用化/竹中工務店

  9. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  10. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

アクセスランキングをもっと見る

page top