数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」 画像 数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」

IT業務効率

富士通はクリオネのように可愛らしいメディエータ(仲介者)ロボット「RoboPin(ロボピン)」を参考出品した。このロボットはグループ会社の富士通研究所が開発したもので、同社の人工知能「Zinrai(ジンライ)」と利用した、人と会話ができるロボットだ。

「人の顔を認識して会話するのですが、数百人の人を認識でき、その人に合わせた会話ができるようになっています。クイズなんかも出題し、正解だったら、良くできたと褒めてくれますよ」と同社関係者。

そのうえ、顔が赤や緑、青など5色に変わり、同時に頭や腕も動かして感情表現を行うという。疲れたらいびきをかいて寝ることもあるそうだ。そのため、会場では人気者で、多くの来場者がロボピンの表情や動作を見て楽しんでいた。

同社ではロボピンを高齢者の見守りや認知予防に活用しようと考えており、現在、実証実験を行っているという。「施設によってニーズが違うと思いますが、ロボピンはそれに合わせることができるので、いろいろなところで利用できると考えています。今後数年のうちにぜひ商品化したいですね」と同社関係者は話していた。

【福祉機器展16】富士通、実証実験中のロボットを参考出品…顔を認識して会話を

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

    日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  4. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

  5. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

  6. 五洋建設が変形追随遮水工法向けの新材料を開発

  7. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  8. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  9. “ラジオの時間”戻る。ワイドFMで年配層&新規開拓も!

  10. ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

アクセスランキングをもっと見る

page top