数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」 画像 数百人の顔を認識して会話、仲介者ロボット「RoboPin」

IT業務効率

富士通はクリオネのように可愛らしいメディエータ(仲介者)ロボット「RoboPin(ロボピン)」を参考出品した。このロボットはグループ会社の富士通研究所が開発したもので、同社の人工知能「Zinrai(ジンライ)」と利用した、人と会話ができるロボットだ。

「人の顔を認識して会話するのですが、数百人の人を認識でき、その人に合わせた会話ができるようになっています。クイズなんかも出題し、正解だったら、良くできたと褒めてくれますよ」と同社関係者。

そのうえ、顔が赤や緑、青など5色に変わり、同時に頭や腕も動かして感情表現を行うという。疲れたらいびきをかいて寝ることもあるそうだ。そのため、会場では人気者で、多くの来場者がロボピンの表情や動作を見て楽しんでいた。

同社ではロボピンを高齢者の見守りや認知予防に活用しようと考えており、現在、実証実験を行っているという。「施設によってニーズが違うと思いますが、ロボピンはそれに合わせることができるので、いろいろなところで利用できると考えています。今後数年のうちにぜひ商品化したいですね」と同社関係者は話していた。

【福祉機器展16】富士通、実証実験中のロボットを参考出品…顔を認識して会話を

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

    【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  2. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

    指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  3. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

    お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  4. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  5. 動くのは人ではなく「棚」のほう!MonotaROが無人搬送車で物流改革

  6. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  7. 富士通の堅牢SIMフリースマホ発売…防水、防塵、耐衝撃、耐振動など

  8. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

アクセスランキングをもっと見る

page top