立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が 画像 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

IT業務効率

毎回ユニークな乗り物を紹介しているサポートマーケティングサービス(本社・埼玉県春日部市)は、今回もまた新たな乗り物を披露した。米国T3モーション社が開発したトランスポーターがそれで、立って乗る3輪車だ。

同社はその日本総販売元だが、本業は建材資材や消防設備のリース。こうしたユニークな乗り物の販売は社長が趣味のような感じで始めたという。ただ、展示会ではその乗り物が話題を呼び、今回も多くの来場者がブースの周りに集まっていた。

今回披露したトランスポーターは全長1041mm、全幅749mm、全高1300mmで、重量が107kg。立って乗る3輪車で、最高速度は12km/h。3~4時間の充電時間で約32km走行できる。米国では現在、空港などのパトロールに使われているそうだ。

「3輪なのでセグウェイよりも安定感があり、運転も簡単です。日本でも空港などで使ってもらいたいですが、シニアカーに乗りたくないという人もいると思うので、そういう人に乗ってもらいたい」と同社関係者は話し、今回の国際福祉機器展で披露した。

ただ、日本では厳しい規制もあり、今はまだ公道を走れないという。これから販売に向けて、公道を走れるように改良を行って方針だ。このトランスポーターのほかに、最高速度30km/hのものもあるが、こちらは先月、改良を行った末に原付として公道を走れるようになったそうだ。

【福祉機器展16】立って乗るトランスポーター、最高速度は12km/h…サポートマーケティングサービス

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

    サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

    ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  4. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  5. 建設業でも進む3次元CAD活用……視覚情報とシミュレーション強化

  6. あごの骨、手術せずに注射で増やす

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  8. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  9. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

  10. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top