札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す 画像 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

インバウンド・地域活性

 札幌市中央区で総延べ約8万平方メートルの再開発を計画している「北4東6周辺地区市街地再開発組合」(大槻博理事長)は、複数の建物のうち17年3月に中央体育館と共同住宅などの新築工事に着手する。特定業務代行をフジタ・岩田地崎建設・田中組・北海道日建設計特定業務代行JVが務め、設計はフジタと北海道日建設計、施工はフジタ・岩田地崎建設・田中組JVが担当。19年の完成を目指す。
 計画地は札幌市中央区北4東6の約4・1ヘクタールの区域。JR札幌駅と苗穂駅の中間に位置する。
 再開発は北西街区、北東街区、南街区の3街区に分けて行い、このうち北西街区と南街区の工事に先行して着手する。
 北西街区には中央体育館(SRC一部RC造3階建て)とエネルギーセンター・駐車場(108台)を建設する。総延べ床面積は1万8345平方メートル。19年3月の完成を目指す。中央体育館は完成後に札幌市に譲渡する予定。
 南街区には分譲住宅2棟(RC造地下1階地上21階建て2棟、計275戸)と商業施設(RC造平屋)、駐車場(197台)を建設する。総延べ床面積は3万1192平方メートル。完成時期は19年10月。
 北西、南の両街区の施設整備後に北東街区の工事に着手する予定。
 北東街区には医療福祉施設(S造7階建て延べ1万1273平方メートル、一部サービス付き高齢者福祉施設80戸)、健康増進施設(S造3階建て延べ4966平方メートル)を建設する。
 施設利用者用にS造4階建ての駐車場をそれぞれ設ける計画で、規模は医療福祉施設用が延べ5186平方メートル(183台)、健康増進施設用が延べ4737平方メートル(175台)。19年3月の完成を目指す。

北4東6周辺地区再開発(札幌市)/17年3月にフジタJVで2街区着工/組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

アクセスランキングをもっと見る

page top