ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負 画像 ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

IT業務効率

 ツカサ電工(東京都中野区、高橋博之社長)は、産業用飛行ロボット(ドローン)用ブラシレスDCモーター「DS―4010=写真」シリーズを開発した。定格出力900ワットタイプを12月に発売。2017年初から600ワット、1200ワット、2500ワットタイプも展開する。シリーズで16年度2000台、17年度4000台の販売を目指す。

 900ワットタイプの価格は3万8000円(消費税抜き)。タイプを広げてさまざまな用途や大きさのドローンへの採用を進める。

 同モーターは信頼性が高く雨にも強いインナーローター方式を採用した。同社の同方式のモーターの設計を大幅に見直し、約2割重量を減らしたほか熱対策、製造コスト低減を図りドローンに実装できるようにした。

 シリーズ全てで防水防塵も達成し、海水でも回転できる仕様も用意した。

ドローンのモーターは中国製ばかり。ツカサ電工が防水・防塵で勝負

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  4. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  6. 【ポストものづくり時代:5】低成長時代に生き残る戦略

  7. NEDOや清水建設ら、米国でZEB実証試験。省・創エネ技術導入で消費電力半減が目標

  8. 油と荷重に強いアスファルト舗装商品化、作業時間は半たわみ性の半分

  9. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  10. 山梨市を巨大“実験場”に。ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top