ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負 画像 ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

IT業務効率

 ツカサ電工(東京都中野区、高橋博之社長)は、産業用飛行ロボット(ドローン)用ブラシレスDCモーター「DS―4010=写真」シリーズを開発した。定格出力900ワットタイプを12月に発売。2017年初から600ワット、1200ワット、2500ワットタイプも展開する。シリーズで16年度2000台、17年度4000台の販売を目指す。

 900ワットタイプの価格は3万8000円(消費税抜き)。タイプを広げてさまざまな用途や大きさのドローンへの採用を進める。

 同モーターは信頼性が高く雨にも強いインナーローター方式を採用した。同社の同方式のモーターの設計を大幅に見直し、約2割重量を減らしたほか熱対策、製造コスト低減を図りドローンに実装できるようにした。

 シリーズ全てで防水防塵も達成し、海水でも回転できる仕様も用意した。

ドローンのモーターは中国製ばかり。ツカサ電工が防水・防塵で勝負

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

    【商売を大逆転させる、スマート決済!】企業に大きなメリット!…日本版電子レシート最前線

  3. 産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

    産学官連携の次世代型放射光施設が具体化へ。宮城県内で候補地絞り込み

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 「日の丸パソコン」構想はなぜ頓挫したのか。破談の先にあるもの

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  10. サービス大賞の受賞病院に学ぶ「地域で企業が生き残る秘訣」

アクセスランキングをもっと見る

page top