ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場! 画像 ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

IT業務効率

 はじめ研究所(大阪市西淀川区、坂本元社長、06・4808・0686)は、二足歩行ができるコックピット内蔵型の全長4メートルヒューマノイド(人型)ロボット「43号機」の開発にめどをつけた。現段階で、外部コントローラーの操作による二足歩行に成功。今後、コックピット内に人が搭乗した状態で歩行試験と改良に着手し、来春をめどに歩行デモンストレーションを行う。二足歩行する人型ロボットでは世界最大級。

 これまでに商用化した人型ロボットから、歩き方のロジックを変更し制御を刷新。協力会社とアクチュエーターを開発し、モーターの応答速度も高め、巨大ロボットの歩行で課題となる安定性を確保した。

 足裏には衝撃吸収ゴムを採用。毎分4メートルで歩行する。ロボット頭部と肩に設置したカメラの映像をコックピット内でディスプレーを見ながらジョイスティックなどで操作する仕様にしている。

 4メートルの43号機は2010年に開発をスタート。精密金型製作の三木製作所(大阪市西淀川区)、検査装置製造の吉則工業(同)、精密板金加工のニシザキ(同)など協力会社が部品製作や関節部疲労試験を担当している。

ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボットが二足歩行

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

    農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  3. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  4. 科学的なメーキャップが“見た目”の印象を変える!?

  5. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. どこを“流せば”儲かるの?これからはAIが走行ルートを推薦し客をつかむ!!

  7. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  8. 自動車への応用が可能なAI、そこから何が生まれるのか?/AI+人口知能EXPO

  9. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  10. 【ICTが変える高齢化社会:5】介護者を支援する「パワードスーツ」

アクセスランキングをもっと見る

page top