ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場! 画像 ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

IT業務効率

 はじめ研究所(大阪市西淀川区、坂本元社長、06・4808・0686)は、二足歩行ができるコックピット内蔵型の全長4メートルヒューマノイド(人型)ロボット「43号機」の開発にめどをつけた。現段階で、外部コントローラーの操作による二足歩行に成功。今後、コックピット内に人が搭乗した状態で歩行試験と改良に着手し、来春をめどに歩行デモンストレーションを行う。二足歩行する人型ロボットでは世界最大級。

 これまでに商用化した人型ロボットから、歩き方のロジックを変更し制御を刷新。協力会社とアクチュエーターを開発し、モーターの応答速度も高め、巨大ロボットの歩行で課題となる安定性を確保した。

 足裏には衝撃吸収ゴムを採用。毎分4メートルで歩行する。ロボット頭部と肩に設置したカメラの映像をコックピット内でディスプレーを見ながらジョイスティックなどで操作する仕様にしている。

 4メートルの43号機は2010年に開発をスタート。精密金型製作の三木製作所(大阪市西淀川区)、検査装置製造の吉則工業(同)、精密板金加工のニシザキ(同)など協力会社が部品製作や関節部疲労試験を担当している。

ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボットが二足歩行

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

    東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  2. シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

    シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

  3. 高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

    高砂熱学工業、現場関係者にアップルウォッチ導入/情報共有で業務効率化、健康管理も

  4. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  5. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  6. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  7. 大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

アクセスランキングをもっと見る

page top