ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場! 画像 ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

IT業務効率

 はじめ研究所(大阪市西淀川区、坂本元社長、06・4808・0686)は、二足歩行ができるコックピット内蔵型の全長4メートルヒューマノイド(人型)ロボット「43号機」の開発にめどをつけた。現段階で、外部コントローラーの操作による二足歩行に成功。今後、コックピット内に人が搭乗した状態で歩行試験と改良に着手し、来春をめどに歩行デモンストレーションを行う。二足歩行する人型ロボットでは世界最大級。

 これまでに商用化した人型ロボットから、歩き方のロジックを変更し制御を刷新。協力会社とアクチュエーターを開発し、モーターの応答速度も高め、巨大ロボットの歩行で課題となる安定性を確保した。

 足裏には衝撃吸収ゴムを採用。毎分4メートルで歩行する。ロボット頭部と肩に設置したカメラの映像をコックピット内でディスプレーを見ながらジョイスティックなどで操作する仕様にしている。

 4メートルの43号機は2010年に開発をスタート。精密金型製作の三木製作所(大阪市西淀川区)、検査装置製造の吉則工業(同)、精密板金加工のニシザキ(同)など協力会社が部品製作や関節部疲労試験を担当している。

ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボットが二足歩行

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  4. 全天候型ドローン+超高感多目的カメラで災害時の情報収集

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. 軽貨物版Uber? 利用者とドライバーをマッチングする「単身引越サービス」

  7. 大林組がIoT活用のシャツ型センサータイムリーに体調管理

  8. 自航式多目的船「オーガスト・エクスプローラー」が竣工、海洋開発工事参入へ弾み

  9. 雨を逆手に集客、予報が「雨」なら商品を値引き!?

  10. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

アクセスランキングをもっと見る

page top