ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場! 画像 ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

IT業務効率

 はじめ研究所(大阪市西淀川区、坂本元社長、06・4808・0686)は、二足歩行ができるコックピット内蔵型の全長4メートルヒューマノイド(人型)ロボット「43号機」の開発にめどをつけた。現段階で、外部コントローラーの操作による二足歩行に成功。今後、コックピット内に人が搭乗した状態で歩行試験と改良に着手し、来春をめどに歩行デモンストレーションを行う。二足歩行する人型ロボットでは世界最大級。

 これまでに商用化した人型ロボットから、歩き方のロジックを変更し制御を刷新。協力会社とアクチュエーターを開発し、モーターの応答速度も高め、巨大ロボットの歩行で課題となる安定性を確保した。

 足裏には衝撃吸収ゴムを採用。毎分4メートルで歩行する。ロボット頭部と肩に設置したカメラの映像をコックピット内でディスプレーを見ながらジョイスティックなどで操作する仕様にしている。

 4メートルの43号機は2010年に開発をスタート。精密金型製作の三木製作所(大阪市西淀川区)、検査装置製造の吉則工業(同)、精密板金加工のニシザキ(同)など協力会社が部品製作や関節部疲労試験を担当している。

ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボットが二足歩行

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. 【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

    【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

  3. ICT活用施工連絡会が会合、北海道建設部では施工者の辞退相次ぐ

    ICT活用施工連絡会が会合、北海道建設部では施工者の辞退相次ぐ

  4. 「超電導リニア体験乗車」の申し込みは1/25まで

  5. 熊谷組らが新型乾式浮き床開発。仕上げ高さを抑えて衝撃音遮断

  6. 配車アプリ「らくらくタクシー」、iPhone に加え集合住宅のアイホンからも利用可能に

  7. 犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

  8. 熊本と台湾の小学校「ICTつながる学校」で国際交流、共同事業スタート

  9. 【新価値創造展16】羽生市の体操着メーカー、水をはじく生地を開発…編み方に秘密

  10. 成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする、屋内位置情報を使ったサービス

アクセスランキングをもっと見る

page top