福島県でガス火力発電事業。エネ系3社参画で17年夏着工へ 画像 福島県でガス火力発電事業。エネ系3社参画で17年夏着工へ

インバウンド・地域活性

 石油資源開発と三井物産が共同で設立した福島ガス発電(FGP、石井正一社長)は11日、福島県新地町の相馬港で計画している天然ガス火力発電事業の実施を決めた。同日のFGPの株主総会で事業化のほか、大阪ガス、三菱ガス化学、北海道電力の3社が追加出資して事業に参画することが決議された。総事業費は1000億円超を見込む。環境アセス手続きの完了を経て、17年夏ごろの着工を予定。施工者は最終選定中で、近く契約する見通し。19年秋の試運転、20年春の商業運転開始を目指す。建設予定地は相馬港4号ふ頭で、石油資源開発が建設を進めている相馬LNG(液化天然ガス)基地の隣接地。
 FGPは電力の安定供給や震災復興を目指す福島県浜通り地域の経済活性化などを目的に、「相馬港天然ガス火力発電所(仮称)」の事業化を進めている。発電所は天然ガスを燃料とするコンバインドサイクル方式の発電設備2基で構成。発電規模は計118万キロワット(1基当たり59万キロワット)。
 発電設備のほか、隣接する相馬LNG基地(18年3月に操業予定)の敷地内に、23万キロリットル規模の地上式LNG貯蔵タンク1基とLNG気化装置を整備する。タンクと気化装置の施工管理と運用、LNGの気化と天然ガスの供給については、石油資源開発への業務委託を予定している。

石油資源開発、三井物産/福島県でガス火力発電事業/エネ系3社参画、17年夏着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

    「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  2. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

    「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  3. 【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

    【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

  4. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

アクセスランキングをもっと見る

page top