16年上期の建設業倒産、8年連続マイナス。地区別では底止まりも 画像 16年上期の建設業倒産、8年連続マイナス。地区別では底止まりも

制度・ビジネスチャンス

 東京商工リサーチがまとめた2016年度上半期(4~9月)の建設業の倒産(負債1000万円以上の企業倒産)は806件(前年同期比4・7%減)と、年度上半期としては09年度以降8年連続で前年同期を下回り、1990年度(719件)以来の低水準にとどまった。金融機関が中小企業の返済猶予の要請に柔軟に応じていることに加え、公共事業や各種メーカーの設備投資の堅調さにも支えられて倒産は抑制されているという。
 負債総額は874億2800万円(0・4%増)で、年度上半期としては3年ぶりに前年同期を上回った。負債50億円以上の大型倒産は1件(前年同期はゼロ)発生した。
 倒産件数を地区別に見ると一様ではなく、同社は「倒産減少の底止まりをうかがわせる」としている。当面、倒産が急増する要因は見当たらないものの、公共工事量の地域間格差の広がりや、大規模工事を中心とした着工時期のずれ込みなどを背景に、地方の建設業を中心に先行き懸念が高まっているとも指摘している。
 上半期の倒産件数を業種別に見ると、総合工事業が398件(0・2%減)、職別工事業が247件(11・1%減)、設備工事業が161件(4・7%減)。原因別では、受注不振(販売不振)が478件(4・7%減)と全体の約6割を占め、既往のしわ寄せ(赤字累積)が186件(7・4%減)、運転資金の欠乏が48件(4・3%増)、事業上の失敗が36件(71・4%増)、他社倒産の余波が23件(20・6%減)と続いた。
 一方、帝国データバンクが同日発表した上半期の建設業倒産は808件(0・6%増)だった。

16年上期の建設業倒産、8年連続マイナス/地区別では底止まりも/商工リサーチ集計

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

    これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

    主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  7. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

  10. 豚枝肉高騰1キロ650円、過去10年間で最高/9月中旬東京

アクセスランキングをもっと見る

page top