【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン 画像 【農業ワールド:2】積載UPと自動操縦で効率化!農業ドローン

イベント

【記事のポイント】
▼近年の積載量アップで、農薬散布の時間や範囲がより実用レベルに向上
▼自動操縦が可能な農地管理の分野にこそ、中小農場の利便性がある


 今後の日本の農業を担うさまざまな機器、オペレーション、ソリューションが集まった「農業ワールド2016」。その中でも、特にドローンについては最新モデルから旧来型までさまざまなモデルが展示され、農業用機器としての関心の高さがうかがえた。会場ではドローンメーカーであるエンルート 代表取締役 伊豆智幸氏が、「農業におけるドローンの活用」というテーマでセミナーを開催。これからの農業にドローンをどう活用していくかについて語っている。

■より多く積めて、より広い範囲を飛べるドローンが登場

 農業におけるドローンの利用としては、農薬散布、種まき、作物のモニタリングといった用途が考えられている。ドローンメーカーもこれに向けて、最大積載能力、また積載物の散布能力の拡充を図ってきた。最新モデルでは最大積載量10kg(10リットル)クラスのモデルが登場。より多く積めて、より広い範囲を飛べるモデルに注力している。

「これまで農薬散布には無人ヘリなどが利用されてきました。ただこれは価格も安くなく、ある程度の耕作面積をもつ大規模農業事業者でないとコストに合いませんでした。広い大きな圃場だけではなく、小さな圃場にも向いているのがドローンなのです」

 ドローンはフレキシブルに利用できることが特徴で、たとえば少し大きめのビニールハウスや果樹園の林などでも利用できるのだという。「狭い小さい圃場でも行なえる効率的な農業経営、これを精密農業支援と呼んで、ドローンの利用を呼び掛けています」と、中小規模の農業事業者にも適した機器であると語る。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

    LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  2. 【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性!

    【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性!

  3. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  4. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  5. メガネスーパーに学ぶ、企業再起のための“三つの方法”

  6. 【国際ロボット展】完熟イチゴの鮮度を保つロボット、ポイントは“茎摘み取り”

  7. 【農業ワールド】農薬を散布できる自動飛行型ドローンが登場

  8. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  9. 【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

  10. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top