日本発、「ピコ太郎」がアジアを席捲! 画像 日本発、「ピコ太郎」がアジアを席捲!

海外進出

これまでに5400万人が視聴
「ポケモンGO」に世界中が夢中になったが、次の日本発のキャラクターは「ピカチュウ」ならぬ「ピコ太郎」だ。「ピコ太郎」の動画「PPAP」が、インターネット上を席捲していると、9月28日、The Starなどの現地メディアが伝えた。

8月末にYouTube上で公開されたこの動画は、日本からアジアに広まり、これまで5400万人が視聴した。

「ピコ太郎」?「PPAP」?
日本のお笑い芸人、古坂大魔王氏が扮する、角刈り頭にサングラスと口ひげ、黄色いヒョウ柄の衣装を身にまとった男「ピコ太郎」。この動画のタイトルは、「Pen Pineapple Apple Pen」略して「PPAP」。

「ペンとリンゴ、ペンとパイナップルを持っている。」という意味のない英語の歌詞に合わせてジェスチャーをしている1分ほどの動画。

流行る理由は言葉では表現しにくいが、動画を見ればすぐ分かるはずだ。「ピコ太郎」のキャラクターとキャッチーでなんとも心地よい「PPAP」の歌詞とリズムが印象に残る、つい繰り返し見たくなる動画だ。

有名人によるパロディも
すでにパロディ動画も多く公開されており、マレーシアの有名人では、アンバー・チアが息子と一緒に「ピコ太郎」をまねている。また、カナダのポップスター、ジャスティン・ビーバーも「ピコ太郎」の動画がお気に入りであることを明かしている。

2016年の「YouTubeベストミュージックビデオ」に選ばれるとするメディアもあり、2012年に公開から5ヶ月ほどで10億人が視聴した、「カンナムスタイル」を超えるかとの注目も集める。
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. SGと日立物流、タイ=ベトナム間混載輸送サービスを開始

  6. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  7. 東洋建設とJFEエンジ、ミャンマーでコンテナターミナル受注

  8. 東京センチュリー、東南アジア地域への事業を拡大

  9. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  10. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

アクセスランキングをもっと見る

page top