ボブ・ディランも愛する日本武道館、機能拡張へ! 画像 ボブ・ディランも愛する日本武道館、機能拡張へ!

インバウンド・地域活性

 2020年東京五輪で柔道の競技会場となる日本武道館(東京都千代田区北の丸公園2の3)で、施設機能の拡張に向けた検討が本格化している。館内にはメインの大道場のほかに練習施設が一つしかなく、参加する選手の人数に対応できないことから、新たに本館南側の敷地に「中道場(仮称)」を整備する計画。本館側とは地下通路で連結し、移動の円滑化を図る。老朽化が進む本館の大屋根の改修なども並行して進め、20年6月をめどに新たな武道館が完成する見通しだ。
 武道館の拡張計画は、公益財団法人の日本武道館と東京大会の組織委員会、都の3者間で協議・検討が進められている。
 現在の建物は1964年に完成し、同年に開かれた東京五輪でも柔道の競技会場となった。20年の東京五輪の参加選手数は前回の約5倍に増えると予想されており、現在の施設では大会運営に支障を来すと判断。新たに中道場を整備し、練習専用施設とする方向で検討している。
 中道場には現在の約4倍の広さの練習場が整備されるほか、ドーピング検査室なども設けるという。施設計画の詳細、役割・費用分担などの事業スキームについては今後詰めるが、中道場の新設工事には18年に着手する見通し。本館は19年9月から休館し、大屋根などの改修工事に取り掛かる予定だ。
 現在の武道館の建物は地下2階地上3階建て延べ2万1133平方メートル(建築面積8132平方メートル)の規模。固定席が1階に3199席、2、3階に計7846席あり、アリーナ席(仮設)は最大2946席。周辺部を含めた敷地使用面積は1万2625平方メートル。
 武道館の関係者は「五輪・パラリンピックの成功、障害者にも使いやすい施設のバリアフリー化、将来の財産となるレガシー化といった三つの目標に向けて計画を進める」と話している。

日本武道館(東京都千代田区)/機能拡張へ「中道場」整備/本館の大屋根改修も

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 世界貿易センタービルなど浜松町駅開発、本格着工へ!

    世界貿易センタービルなど浜松町駅開発、本格着工へ!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 熊本地震で被災した阿蘇神社の復旧工事、楼門解体作業が大詰め

  7. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  8. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  9. 成田空港、航空機発着回数/旅客数が過去最高を更新 2016年度

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top