高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら? 画像 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

インバウンド・地域活性

 新潟県が今年度から試験販売に乗り出した水稲新品種「新之助」が5日、東京都内と新潟県内の百貨店に並んだ。店頭価格は精米5キロ当たり3000円~3500円(税別)。同県産の魚沼「コシヒカリ」と並ぶ強気な設定だが、販売は上々の滑り出しとなった。

 高級食品を得意にする、日本橋三越本店(東京都中央区)では「新之助」が5キロ3500円、2キロ1500円で並んだ。泉田裕彦県知事は「大粒でこくや甘味の強いプレミアム米。味にこだわる人へ売り込みたい」とアピールした。

 試食した都内の50代女性は「値は張るが、大粒であっさり。食味が好み」と購入していた。

 新潟市の百貨店、伊勢丹でも5日から販売が始まった。価格は5キロ3000円、2キロ1250円。「新之助」を目当てにした消費者160人が開店前から列をつくった。

 三越伊勢丹の担当者は「トップ産地が手掛ける米だから、注目度も高い」と好調な販売に手応えをつかんでいた。

 県は16年産「新之助」300トンを新潟県や三大都市圏の百貨店やスーパーで試験販売し、年内に売り切る姿勢だ。17年産で本格デビューする。

新潟米「新之助」 5キロ3500円 食味に高い評価  東京で試験販売

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  3. ~地方発ヒット商品の裏側~岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

    ~地方発ヒット商品の裏側~岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  4. どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  7. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  8. 竹中工務店と千葉大学、健康な空間・まちづくりで共同研究。寄付研究部門を設置

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

アクセスランキングをもっと見る

page top