自治体に欧州の学生を派遣、外国人・若者視点で地域の魅力を発信 画像 自治体に欧州の学生を派遣、外国人・若者視点で地域の魅力を発信

人材

ANA総合研究所は、2015年11月に協力覚書を締結したアルザス・欧州日本学研究所(CEEJA)の協力を得て、日本に関心の高い欧州(アルザス出身)の学生を1年間、提携を結ぶ自治体へ派遣すると発表した。

地域文化を体験することによる外国人・若者視点での魅力発掘や、外国人誘客に向けた対策の提案、各地域の魅力をSNSなどで海外へ情報発信を促す。

派遣する学生には、日本での体験を通じて知りえた魅力を、アルザスを中心とした欧州に発信してもらう。これにより、日本の魅力を欧州へ広めると同時に、訪日旅行客の地域への誘客、新規観光素材の発掘へとつながることを期待している。

実施期間は2016年10月~2017年夏までの1年間。派遣先は福島県会津若松市、岐阜県美濃加茂市、高知県四万十市、山口県岩国市、熊本県天草市、山形県酒田市など。

今回の学生受入では、プログラムの作成や人選で、CEEJAの全面協力により実現した。学生の日本体験では、CEEJAのホームページや各種取組みによりアルザスを始め欧州に発信してもらう予定。

また、11月末~12月末にアルザス(コルマール市)で行われるクリスマス・マーケットでも、CEEJAの協力のもと、学生とともにANA総合研究所が協定している地域の特産品をシャレーで販売し、日本の文化をPRする予定。

自治体に欧州の学生を派遣---外国人・若者視点で地域の魅力を発信

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

    事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  2. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  3. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

    「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  6. ~社内コミュニケーションの秘訣~工場ライブのエネルギー!

  7. 事業承継の2017年問題:2 経営改善に取り組むのが先決

  8. ドラマ「コード・ブルー」が描く「仕事に対する哲学」に共感する

  9. 【中小企業の『経営論』】第2回:「仕事は盗むもの」というだけで足りるのか

アクセスランキングをもっと見る

page top