日本工営が本社ビルに託児所を開設。コンサル業界初! 画像 日本工営が本社ビルに託児所を開設。コンサル業界初!

人材

 日本工営は3日、乳幼児のいる女性社員が安心して働けるよう、東京・九段の本社ビルに託児所「N-Kids」を開設した。同社グループの社員(派遣社員を含む)が利用でき、生後3カ月から6歳(小学校就学前)までの乳幼児を預かる。同社によると、事業所内に託児所を設けたのは建設コンサルタント業界では初めて。
 本社敷地内にあった平屋の空き建物(面積100平方メートル)を改修した託児所は、保育室や乳児室、離乳食などを作るキッチン、洗濯室やシャワー室、子ども用トイレなどを完備。保育園に入ることができるまでの定期利用のほか、都内への出張時や保育園の休園日、社員のリフレッシュ休暇などでの1日単位の利用も可能。運営は法人向け保育サービス事業を展開する明日香(横浜市西区、原田浩子代表取締役)が担当する。
 同日、現地で行われた開所式では、有元龍一社長ら関係者がテープカット。有元社長は「託児所の開設によって当社のワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の取り組みは、社会に役立つ仕事をしっかりと行いながら豊かに暮らすという次のステージに移った。利用者の目線に立った安全・安心の運営をお願いしたい」と述べた。
 開園時間は土・日曜・祝日(同社休業日を含む)を除く平日午前7時30分~午後7時。1日当たりの保育料は0~2歳児が1700円、3歳児が1100円、4~5歳児が900円。
 同社には6歳未満の乳幼児がいる女性社員(グループ企業含む)が首都圏で約400人在籍。開設前の説明会には約60人が参加したという。今後、託児所の運営を介して育児休業からの早期復帰や、海外事務所・支店から転勤後の業務継続への支援を目指す。

日本工営/本社ビルに託児所開設/コンサル業界初、子育て世代も働きやすく

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  2. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

    ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

  5. ~HANJO女子~1級建築士にも挑戦したい/長谷工コーポ 足立佳葉さん

  6. 建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

  7. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  8. 女性が働きやすいオフィスに望むもの、第1位は「アレの充実」

  9. 働き方改革へ、業界団体の対応活発化/焦点は適正工期/日建連は4点セット提示へ

  10. 事業承継と親族後継者の「学び」

アクセスランキングをもっと見る

page top