愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信 画像 愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信

制度・ビジネスチャンス

 有料道路では全国初のコンセッション(公共施設等運営権)事業となる愛知県有料道路運営等事業が1日、スタートした。愛知県道路公社が管理していた県内の有料道路8路線の運営を、前田建設などが設立した特定目的会社「愛知道路コンセッション」に移管。同日から8路線のうち中部国際空港連絡道路などの料金が半額となった。=12面に関連記事
 愛知県などは同日、半田市で開始記念セレモニーを開催。大村秀章知事は「この事業を成功させ、『愛知モデル』として国内外に発信していきたい」とあいさつ。愛知道路コンセッションの東山基代表取締役は「お客さまに安全・安心などの道路サービスを提供することが事業の根幹となる。沿線での地域活性化事業などにも取り組み、利便性や快適性を感じてもらえる道路を目指す」と意気込みを語った。
 来賓の山本幸三地方創生・行政改革担当相は「財源が厳しくなる中、インフラの民間運営は避けて通れない。事業を成功させることが地方創生や岩盤規制の改革につながる」と事業の成功に期待を寄せた。続いて大野泰正国土交通大臣政務官もあいさつした。

愛知県有料道路民営化事業がスタート/「愛知県モデル」を国内外に発信

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

    【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

    国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  3. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

    【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  4. 【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

  5. 国交省と日建連、週休2日モデル工事拡大。課題は工期設定

  6. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  7. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  8. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  9. 【健康経営が生む新ビジネス:1】“チャットで健康相談”にニーズ

  10. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

アクセスランキングをもっと見る

page top