愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信 画像 愛知県有料道路の民営化事業がスタート、「愛知県モデル」を国内外に発信

制度・ビジネスチャンス

 有料道路では全国初のコンセッション(公共施設等運営権)事業となる愛知県有料道路運営等事業が1日、スタートした。愛知県道路公社が管理していた県内の有料道路8路線の運営を、前田建設などが設立した特定目的会社「愛知道路コンセッション」に移管。同日から8路線のうち中部国際空港連絡道路などの料金が半額となった。=12面に関連記事
 愛知県などは同日、半田市で開始記念セレモニーを開催。大村秀章知事は「この事業を成功させ、『愛知モデル』として国内外に発信していきたい」とあいさつ。愛知道路コンセッションの東山基代表取締役は「お客さまに安全・安心などの道路サービスを提供することが事業の根幹となる。沿線での地域活性化事業などにも取り組み、利便性や快適性を感じてもらえる道路を目指す」と意気込みを語った。
 来賓の山本幸三地方創生・行政改革担当相は「財源が厳しくなる中、インフラの民間運営は避けて通れない。事業を成功させることが地方創生や岩盤規制の改革につながる」と事業の成功に期待を寄せた。続いて大野泰正国土交通大臣政務官もあいさつした。

愛知県有料道路民営化事業がスタート/「愛知県モデル」を国内外に発信

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

    ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  2. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

    JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  3. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

    群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. 利は仕入れにあり

  8. 世田谷合同庁舎が完成、国と自治体施設の合築整備が広がる

  9. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top