女性活躍応援、おかずクラブが富士訓練センターに一日入校! 画像 女性活躍応援、おかずクラブが富士訓練センターに一日入校!

人材

 国土交通省と吉本興業グループが建設業の女性活躍を応援するキャンペーンの推進役として結成した「おうちクラブ」。メーンキャラクターの女性芸人「おかずクラブ」(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が3日に富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)を訪れ、鉄筋や左官などの作業を体験するとともに、研修中の女性受講者と懇談した。一日体験を通じて、おかずクラブの2人は「女性でもできる。女性に来てほしい」と建設業の魅力を発信した。
 おうちクラブは、建設現場での作業体験などさまざまな活動を通して全国で活躍する女性の姿を紹介するとともに、その魅力を伝えるグループ。最前線で活躍する女性を全都道府県で探し出したり、現場作業を体験したりしながら、建設業の魅力をアピールするキャッチフレーズを考案する。各種イベントへのブースの出展や他産業との連携などさまざまなキャンペーンを16年度末まで全国各地で展開する。
 おかずクラブは魅力発信のコンテンツを作るため、富士教育訓練センターでロケを行った。朝礼から参加し、鉄筋、型枠、左官、足場(雨天のため見学)の4コースを実習。さらにパワーショベルとドローン(小型無人機)の操縦も体験した。
 印象に残った体験について、ゆいPさんは「鉄筋の結束作業は難しかった。ドローンの操縦は楽しく、免許も要らないので購入を考えています」と笑顔で語った。相方のオカリナさんは「建設の仕事が意外と手作業なのに驚いた。重機の操作はテンションが上がった」と話した。
 一日を振り返り、ゆいPさんは「受講生や講師の皆さんが本当にこの仕事を好きでやっていると感じた。おしゃれを我慢せず、仕事と女性を両立している」と感想を述べた。オカリナさんも「女性でも働けると聞いていたけれど、実際に体験するとその意味がよく分かった。これから女性が活躍できる仕事だと思う」と女性や若者の入職に期待を寄せた。

女性活躍応援/おかずクラブが富士訓練センターに一日入校/鉄筋作業や重機操縦体験

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  2. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

    船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  3. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  4. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

  5. 今月の1冊『「富士そば」は、なぜアルバイトにボーナスを出すのか』

  6. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第2回 ITメディアの理解が人材獲得につながる

  7. 国交省「建設キャリアアップシステム」/技能者レベル分け、職業能力基準の4段階で

  8. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  9. 丸の内に保育所付き事務所/コトフィス~こどもとはたらくオフィス~

  10. 建コン協ら3団体、担い手確保へ技術者単価引き上げを、国交副大臣に要望

アクセスランキングをもっと見る

page top