いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!? 画像 いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

IT業務効率

日本キャタピラーが開催している「建設ICTセミナー&試乗会」のレポート。最後はi-Constructionに対応したパワーショベルによる斜面の切り崩し作業だ。

パワーショベルの作業で失敗できないのは、削りすぎないような操作だ。設計図どおりの穴、形にうまく土砂を削らないと、削りすぎたときに修復が面倒なことになる。そのため、最初にショベルの先を地面にさすときの位置、角度が重要だ。

CAT CONNECTに対応した重機の場合、この位置決めもダウンロードした設計データをもとに正確に行ってくれる。細かいブームの調整なしに削る部分のツラを合わせることができる。

仕上げに細かい作業をするくらいで、全体の削りだしは1回の振りおろしでだいたいきまる。大幅な時間短縮が期待できそうだった。

いまどきの工事現場 その3…パワーショベルもブームの操作は自動

《中尾真二》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

    日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  4. ガードが甘い中小が狙われる! マイナンバー前に情報管理を見直し

  5. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  6. ソニー、AR開発キット外販へ

  7. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  8. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

  9. サービス業のIT利用最前線!8 子どもの表現をITで助ける/あすみ福祉会

  10. 五洋建設が変形追随遮水工法向けの新材料を開発

アクセスランキングをもっと見る

page top