~HJHJフロントライン~ビッグデータで訪日客を見える化! 画像 ~HJHJフロントライン~ビッグデータで訪日客を見える化!

インバウンド・地域活性

 新たな試みや発想がいま、中小企業のビジネススタイルを変えようとしている。新コーナー「HJHJフロントライン」では注目を集めるテクノロジーや新製品開発など中小企業の明日を占う最新ニュースをピックアップし、当事者へのインタビューや識者の解説をもとにその可能性や広がりについてわかりやすく伝えていく。第一回目は訪日外国人向けマーケティングの中でも、近年注目を集めている、位置情報を元にした行動分析にフォーカスする。

■訪日外国人の集客には行動分析が不可欠

 年々増加の一途をたどるインバウンドを受けて、企業や自治体などでは外国人観光客へのプロモーションが急務となっている。とはいえ、いざ実行に移すとなると、そのハードルは高い。何語にすべきか、いつどこでPRを実行するか――。その根本的な原因となっているのが、曖昧なターゲット像だ。

 インバウンドとひと口にいっても、国籍や行動パターンもさまざま。パイの大きさでいうと、2015年に約500万人と全訪日外国人の1/4を占めた中国に注目が集まっている。しかし、そもそも対象となる商材、それを扱う場所に中国人の需要があるかわからないまま、プロモーションを仕掛けても意味がないだろう。

 インバウンドプロモーションにおいて、重要なのは、いつ、どの国籍の訪日観光客がどこを訪れ、どこに行ったという動態データだ。それらを活用することで、店頭や媒体、ウェブでの効率のよい集客が展開できる。では、そのデータとは具体的に何なのか? 訪日外国人の属性・位置情報分析サービス「いいデータ」を先日リリースした、電通 ビジネス・クリエーション・センター 満居優氏に話を伺った。

■ビックデータのオープン化が新たなビジネスを生む

――マーケティングの分野において、以前から求められてきたのが顧客属性というビックデータです。近年では世代の格差、グローバル化が顧客属性をさらに多様化させました。その中で顧客属性データが、以前よりも重要度を増しているように思います。

満居 そもそもビックデータというものは、ずっと昔から存在はしていたわけです。ただ、その言葉が近年顕在化してきた背景には、顧客情報は手軽にビジネスに活用できるという意識の変化があります。これは、一部の限られたマーケターやアナリストだけが情報を扱う時代は終わり、今では必要な情報に誰でもアクセスでき、誰でも引き出せるという時代に変わったことを意味します。現にそういったさまざまなサービスが提供されています。

――“オープン”とは、素人にも使えるビッグデータというようなことでしょうか?

満居 例えば、スマホなどについている音声認識機能を例にとってみましょう。“話す”という誰でもできる行為で、簡単にいろいろな情報にアクセスできますね。情報へのアプローチの仕方がどんどん簡素化され、ストレスフリーでシームレスなものになっています。まさに小学生やお年寄りなど年代や職業問わず、誰でも扱えるようなものが現代では求められていると感じます。“オープン”とはこういったことだと思います。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  2. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

    【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  3. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

    【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  6. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

  7. 富士山の五合目で「登山用品レンタルサービス」開始

  8. 名古屋市・JRゲートタワーが完成。地下5・6階にはリニア中央新幹線!

  9. 成田空港免税店、中国人旅客の爆買いが直近2年で倍増

  10. ホテル不足や料金高騰、企業の7割「認識」…対策は?

アクセスランキングをもっと見る

page top