ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発 画像 ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

IT業務効率

プロドローンは、2本のドローン専用ロボットアームを装備した直接作業型大型ドローン「PD6B-AW-ARM」を開発した。

同社は多くの産業用ドローン事業者からの開発依頼をうけて様々な産業用ドローンを開発してきた。産業用ドローンはこれまで主に映像を撮影する、測量する、農薬を撒く、測定するなどの作業にドローンが活用されてきた。最近では、ドローンによる「直接的作業」を行えるようになることが強く望まれている。

直接的作業の例として、アームで色々な形の物を掴んで運ぶ、設置する、ケーブルなどを切断する、繋ぐ、ダイヤルを回す、スイッチを押す・切り替える、浮き輪など救助具を投下する、危険物を回収するなど、高所や遠距離、人が近づけない危険な場所でドローン自体が直接実行できる様々な作業が挙げられる。

「PD6B-AW-ARM」はこれらに対応する機種として開発した。PD6B-AW-ARMは、最大積載量20kgのPD6B-AWを基本プラットフォームに、今回新たに独自開発した、これまでにないデザイン、高機能の5軸ロボットアームを2本搭載する。幅広い用途における直接的作業が可能。ロボットアームの最大耐荷重は約10kg、最大飛行時間は30分で長時間の作業にも対応する。

ロボットアームを装備したドローン…プロドローンが開発

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

    飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  6. 弘前市、8月より公用車に車両管理システムを導入……納入事業者はオリックス

  7. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  8. 滋賀県・JAおうみ富士とパナソニック、農薬判定や栽培データを共有・管理する農業管理システムの実証実験開始

  9. 運転手不足を解消する農作物のパレット輸送、回れる市場増える

  10. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

アクセスランキングをもっと見る

page top