稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット 画像 稼働状況や故障の予兆を見える化!企業向けIoT導入キット

IT業務効率

 沖電気工業は、920MHz帯無線を用いたIoT導入パッケージ「IoTファストキット」を10月3日より販売する。

 IoT機器の通信で多用される920MHz帯は、2.4GHz帯などと異なり干渉が少なく、障害物などがあっても長距離通信が可能という特徴がある。

 同キットの特徴は、通常のIoT機器開発では初期導入コストが高価となっていた課題を、同社が展開するマネージドクラウドサービス「EXaaS」をIoTプラットフォームとし、各種センサーやユニットをパッケージ化することで、低コストを実現しながら開発を容易とする環境を提供する。

 同社では、工場向け工作機器の稼働状況の見える化から故障との相関関係を見出す予防保全システムの試行導入、鉄道設備の老朽化と故障関係を見出す故障予兆システムの試行導入として、同キットを利用してもらうことを想定している。

 キットの構成は、照度センサー、CO2センサー、温湿度センサー、振動センサー、920MHz帯マルチホップ無線ユニット、IoTゲートウェイ、収集したデータの見える化のためのIoTプラットフォームをセットにしたソフトウェアとなり、価格は230,000円からとなっている。
《防犯システム取材班/小池明》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  4. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  5. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  6. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  7. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  8. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  9. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  10. IoT活用で迷い猫探しができる「ねこもに」が6月からサービスイン

アクセスランキングをもっと見る

page top