広島県三原市の新庁舎建設、1階床を津波浸水想定高さよりも高く設定 画像 広島県三原市の新庁舎建設、1階床を津波浸水想定高さよりも高く設定

インバウンド・地域活性

 広島県三原市は、港町の現庁舎敷地内で建て替える新庁舎建設事業について、来月中旬に工事を発注する。3日に公表した本年度工事発注見通しに盛り込んだ。工事は、建築主体、電気設備、空調換気設備、給排水衛生設備の4分割で一般競争入札を行う。本年度2月市議会での工事契約承認を経て着工し、19年春の開庁、20年3月の既存庁舎解体、駐車場整備を含む事業完了を目指す。
 本体の概算事業費は53億4800万円。設計は山下設計・NSP設計JVが担当している(実施設計の履行期間は11月30日まで)。
 計画によると新庁舎は、港町3の5の1の現庁舎敷地西側に建設し、東側に来庁者用駐車場を配置する。
 規模はRC一部S造8階塔屋1階建て延べ1万2244平方メートル、建築面積1935平方メートル。基礎免震構造、鋼管コンクリート杭+RC杭(25メートル)を採用する。新庁舎に移転後、現在の本庁舎を解体、正面玄関庇(ひさし)工事などを行う。駐車場は90台分を確保する。工期は、建築主体工事が820日間、設備工事3件は730日間。
 新庁舎の市民利用エリアとなる南面は、自然採光と眺望を取り込む大きな開口部とするとともに、各フロア外周にメンテナンス用バルコニーを設置することで、日差しを遮る庇効果を得ながら機能性・メンテナンス性を高める。自然換気や通風、自然採光の積極的な活用、太陽光発電システムの設置、雨水利用、断熱効果の高いLow-Eペアガラスを採用するなど環境に優しい庁舎づくりに取り組む。
 防災面では、免震構造の採用だけでなく、1階床を津波の浸水想定高さよりも高く設定したほか、発電機などの重要設備を屋上・屋上階に設置する。

広島県三原市/新庁舎建設/11月に4分割で工事発注

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 本厚木駅開発、17年7月着工めざす

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top