東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応 画像 東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応

IT業務効率

JR東日本と日立製作所の2社は9月26日、ロボットによる接客サービスの実証実験を東京駅(東京都千代田区)で実施すると発表した。

発表によると、東京駅丸の内北口の訪日外国人向け旅行センター「JR EAST Travel Service Center」に、日立が開発した接客・案内向けのヒューマノイドロボット「EMIEW3」を設置する。

ロボットは訪日外国人客の質問にあわせ、日本語・英語・中国語で応答。回答はロボットからの音声案内に加え、併設したディスプレイ上に画像や動画で表示する。

ロボットが対応する質問は、東京駅を発着する列車の案内、東京駅構内と周辺施設、観光名所の案内など。東京駅を利用する訪日客の質問に回答できるよう、2社が共同で対話や案内の研究を行った。

実証実験の期間は10月3~28日(土曜・休日除く)の10~17時。2社はアンケートや利用状況調査を通じてサービス内容を評価し、実用化に向けた検討を行うとしている。

東京駅でロボット案内の実証実験 10月3日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  4. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  5. ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  6. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  7. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  8. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  9. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  10. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

アクセスランキングをもっと見る

page top