四日市港湾、霞4号幹線の橋桁を「浜出し」 画像 四日市港湾、霞4号幹線の橋桁を「浜出し」

インバウンド・地域活性

 中部地方整備局四日市港湾事務所が四日市港(三重県)で整備を進めている臨港道路「霞4号幹線」の一部となる橋桁を陸上から海上に積み出す「浜出し」作業が28日、愛知県半田市の瀧上工業第二工場内で行われた。約1時間かけて重さ542トンの鋼製橋桁を起重機船で陸上からつり上げ、無事に台船に設置した。橋桁は29日に台船で現地近くまで回航し、30日に架設の準備作業を実施。10月1日午前中に起重機船を再び使い現地で一括架設する。施工は日立造船・瀧上工業JVが担当。
 「浜出し」作業は午前9時開始。岸壁近くに地組みされた鋼製橋桁を2050トンつりの起重機船で陸上から約30分かけてゆっくりとつり上げ、その後起重機船を後退。岸壁と起重機船の間に入ってきた台船に慎重に積み込んだ。小雨が降る中、積み込み完了まで1時間程度かかった。
 霞4号幹線は、霞ヶ浦地区の国際海上コンテナターミナルのアクセスの向上と周辺道路の渋滞解消、緊急避難経路の確保などが目的。延長は霞ヶ浦地区南ふ頭から伊勢湾岸自動車道みえ川越ICを結ぶ約4・1キロ。04年度に事業着手した。上下4車線で計画されているが、暫定2車線で17年度の完成を目指している。
 工事は構造形式などにより6工区に分割して実施。全路線内にある51基の下部工は今春にすべて終了し、現在上部工工事が急ピッチで進められている。今回「浜出し」された橋桁は、高松海岸付近にある「3ー2工区」の上部工(1径間分)となる。長さ86・6メートル、幅11・3メートルの規模。3ー2工区は橋長が490メートル、形式が6径間連続鋼床版箱桁で、残る五つの橋桁は海上からの一括架設ではなく、陸上で組み立て施工する。
 四日市港湾事務所の江崎竜夫保全課長は「霞4号幹線では全線内で11の橋桁を海上からの一括架設で施工する予定だ。今回の橋桁の浜出しと架設はその第1号。10月1日の現地架設に向けて万全準備をしていきたい」と語った。

中部整備局四日市港湾/霞4号幹線の橋桁を「浜出し」/10月1日に現地架設

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top