【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール! 画像 【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール!

制度・ビジネスチャンス

【記事のポイント】
▼非常食でも求められるアレルギーやハラルへの対応
▼消費者の嗜好に対応して味のバリエーションを増やす
▼パッケージを変えて防災をうたう


■アレルギーやハラルへの対応など、多様化する消費者ニーズ

 地震や台風などの被災が相次ぐ中で、防災への関心が高まっている。備え・防災アドバイザーとして講演やコンサルを手掛ける高荷智也氏によると、防災グッズについてはデザイン志向など、さまざまなニーズが生まれているようだ。

 では、防災用の備蓄としては一般的な非常食についてはどうだろう。高荷氏によるとパッケージのデザイン性などとともに、非常食でもニーズが多様化しているという。かつては乾パンしかなかった非常食にも、食品メーカーが次々と参入。味の向上はもちろん、おかずのバリエーションは増え続け、非常時でも個人の嗜好に合わせた食事が楽しめる。

 中でも、缶入りパンとして一つのジャンルを確立しつつあるのが、デニッシュパンの製造・販売を手掛けるボローニャFCの「缶de ボローニャ」だ。04年の新潟県中越地震をきっかけに開発をスタート。一般に缶入りパンというとパサついている印象があるが、同社ではしっとりとした食感を追求した。海上自衛隊への導入から始まり、07年には一般市場への販売を開始している。

「パッケージに手を入れたり、バリエーションを増やすなどの施策を進める中で、最近ではいろいろな所で姿を見かけるようになりました。非常食は販路の開拓が難しいので、なかなか急成長が望めないのですが、着実に売り上げを伸ばしていると感じています」

 また、近年では非常食でアレルギーへの対応も進んでいるようだ。パッケージでのアレルギー品目の表示については、大手メーカーではほぼスタンダードになりつつある。この分野に関わる中小企業としても、急ぎ対応を進めたい。さらに、今年からはハラル対応したものも、徐々に表れ始めている。

「ハラル対応に近いところでは、多言語対応の商品も増えています。これは東京オリンピックに向けたインバウンド需要が中心ですが、外資系企業などからも発注が生まれているようです」

 なお、防災グッズに求められる要素として、高荷氏は頑強性、携帯性、自己完結性の3つを挙げている。これについては非常食でも同様だ。パッケージを強化し、ふだんから持ち歩くなら熱変化に耐える食材を使う。その上で、最近の差別化ポイントとなっているのが、ライフラインが止まった状態でも、いかにおいしい食事が取れるかだ。他社の商品との差別化として、お湯を使わない、水もいらないといった機能性をアピールしている非常食も多い。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

  2. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

    リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  3. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

  4. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  5. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  6. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 中央公契連の低入札価格、調査基準モデルに国交省の改正基準

  9. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  10. ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

アクセスランキングをもっと見る

page top