3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作! 画像 3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

IT業務効率

 セメント世界最大手のラファージュホルシム(スイス)は、大型3次元(3D)プリンターの開発を手掛けるフランスのベンチャー企業XtreeEと連携し、建築分野での3Dプリンティング技術活用に本腰を入れる。3Dプリンターでコンクリート製の大型建築物向け部材を製作する技術を確立した。既にフランスで2件の実物件に採用された実績がある。
 ラファージュホルシムは、同技術を活用する建築分野の有望市場として、▽デザイン性の高い高付加価値建築物▽アフォーダブル(手ごろな価格)な注文住宅▽プレハブ部材の自動製作-の三つに狙いを定める。部材製作に不可欠なコンクリートは、仏リヨン近郊のリルダボーにある同社のR&Dセンターで研究。技術・科学的専門知識を生かし、3Dプリンターに最適なコンクリート混合剤を開発した。
 既に仏プロバンスにある中学校校庭の屋根を支える高さ4メートルの支柱と、パリ首都圏地域政府のパビリオン内装材に、3Dプリンターで製作したコンクリート部材を納入した。屋根部材は欧州で初めて販売された3Dプリンター構造材で、XtreeEが製造、Fehr Architecturalが施工した。パリ首都圏地域政府のパビリオンはXtreeEとダッソーシステム、ABB、ラファージュホルシムの共同事業。
 3Dプリンティング技術は、複雑な幾何学形状の構造体をより短い時間に手ごろなコストで製作することを可能にした。セメント世界最大手として、建築分野での活用を見据えコンクリート構造部材の製作技術や材料開発に乗りだしていた。

ラファージュホルシム/3Dプリンター活用に本腰/コンクリ構造部材の製作技術確立

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. キングソフトの社内SNSアプリ「Wow Talk」が30人、月額1万円以下から利用可能に

    キングソフトの社内SNSアプリ「Wow Talk」が30人、月額1万円以下から利用可能に

  2. ~HJHJフロントライン~HRテックが人事業務を効率化

    ~HJHJフロントライン~HRテックが人事業務を効率化

  3. 画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら

    画像認識技術で害虫を瞬時に識別する技術研究……北大長谷山研究室ら

  4. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  5. 東芝の再生は横浜から、「スマートシティ」技術の発信次々と

  6. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  7. 群馬県沼田市でICT土工研修スタート/建協主体では全国初

  8. サービス業のIT利用最前線!14 人事評価システムで選手育成/徳島インディゴソックス

  9. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  10. IoTベンチャーをワンストップで支援するプログラムがリリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top