いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業! 画像 いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業!

IT業務効率

日本キャタピラーが開催している「建設ICTセミナー&試乗会」のレポート。次はi-Constructionに対応したブルドーザーによる整地作業だ。

ブルドーザーによる整地作業で難しいのはブレードの操作だ。水平に均す作業でも同じ高さにブレードを操作する必要がある。勾配をつける場合もブレード操作で指定の角度をだすのは難しい。

しかし、i-Constructionでは事前にモデリングした3Dデータがあるので、実際の重機の位置(GPSで特定できる)がわかれば、ブレードの操作を自動化できる。そのための施工データは、USBメモリに保存されたものを重機のコンソールに差し込んで読み込ませるか、モバイルネットワークを使い、本社、事務所などからダウンロードすることもできる。これは、設計変更などの図面変更もすぐにできるということを意味する。

データがインストールされたブルドーザーは、指定の場所にいけばブレードを自動的に操作してくれる。CAT CONNECT対応のブルドーザーに試乗した参加者は、通常動かす必要がある右手側のレバーに触れなくとも、前進・後進だけで斜面を整地できるのことを確認していた。

いまどきの工事現場 その2…整地・指定勾配でのスロープづくりもブルを前後進させるだけ

《中尾真二》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  3. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  4. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  5. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  6. 竹中工務店、クラウド型遠隔監視システム開発/IoT技術を活用し業務を効率化

  7. スマートメンテナンスハイウェイ(SMH)構想、始まる!

  8. 介護ベッド用離床予知センサー、ベッド上の人の動きや姿勢を検知

  9. 中部整備局/i-Con中部ブロック推進本部が会合/舗装と浚渫でICT活用

  10. Core i7で自動運転……ZMP、RoboCar用車載コンピュータの販売開始

アクセスランキングをもっと見る

page top