宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も 画像 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

インバウンド・地域活性

 JR東日本は、東日本大震災で被災した山田線(宮古~釜石間、延長55・4キロ)で進めている鉄道復旧工事の21日現在の進ちょく状況をまとめた。台風や豪雨の影響を若干受けたものの、18年度内の開業に向け、おおむね計画通りに工事を推進中という。
 現在は津波で倒壊した橋台や橋脚の復旧、盛り土作業を進めているほか、線路の補修、枕木や砕石の交換を開始した箇所も出てきた。
 復旧工事と併せて、山田線の南北両端でつながるリアス線を運営する三陸鉄道への移管に向けた準備も進める。
 各被災区間の工事進ちょくを見ると、宮古市エリアの津軽石駅付近では市施行区間で進む盛り土工事が完了後、軌道の敷設作業に入る。JR施行区間の盛り土と路盤工事は先月末までに完了しており、軌道の復旧作業を今後進める。
 山田町エリアでは陸中山田駅(全壊)付近で、関口川橋梁の劣化した枕木の一部を交換した。北浜地区の復旧区間でも砕石や枕木の配置、レールの敷設作業が進んでいる。
 大槌町エリアでは大槌駅(全壊)近くの大槌河橋梁区間で倒壊した橋台や橋脚の復旧作業を推進中。釜石市エリアでは鵜住居駅(全壊)付近の鵜住居片岸地区の盛り土作業が完了した。
 冨田哲郎社長は「山田線は三陸鉄道のラインとの一体運営で利便性がさらに高まる。第三セクターの三陸鉄道への営業の譲渡を前提に線路設備の復旧対応を進めており、19年度をめどに譲渡していきたい」と話している。

JR東日本/山田線宮古~釜石間の復旧着々/18年度開業へ、三陸鉄道への移管準備も

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  6. 泉岳寺駅地区再開発、事業協力者公募手続き開始/民間のノウハウを生かした施設計画へ

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 豊島区「池袋西口公園」の再整備、円形の劇場広場へ

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

アクセスランキングをもっと見る

page top