IoTやAIを活用した造船、国交省が事業募集中! 画像 IoTやAIを活用した造船、国交省が事業募集中!

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、海事産業の生産性革命(i-Shipping)推進の一環として、IoT(もののインターネット)技術やAI(人工知能)を活用した造船技術の研究開発を支援すると発表した。

国交省の交通政策審議会は今年6月に答申した「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」では、ITを利活用して船舶の設計から建造、運航まで全てのフェーズでイノベーション創出・生産性向上し、2025年の世界建造シェアを3割とする目標が掲げられた。

これを受けて国交省では、i-Shipping推進の一環として、船舶建造での生産性向上を図るため、IoT技術やAIを活用するなど、革新的造船技術の研究開発を支援する。

研究開発事業を募集する。募集は、2016年度2次補正予算成立後、すぐに事業を開始できるようにするため、予算成立前に募集の手続きを行うもの。補助対象者の決定や予算の執行は、2016年度2次補正予算の成立が前提となる。

募集期間は9月23日~10月20日。補助は対象経費の半分以内で、補助金予算総額は9000万円。

IoTやAIを活用した造船---技術開発を支援、国交省が事業募集中

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  2. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 小池都知事、入札契約制度改革の姿勢崩さず/中小企業に根強い不安

  5. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 東京都/入札契約制度改正/予定価格の事後公表原則化、JV結成義務を撤廃

  8. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

  9. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  10. 所有者不明農地、増加する一方

アクセスランキングをもっと見る

page top