IoTやAIを活用した造船、国交省が事業募集中! 画像 IoTやAIを活用した造船、国交省が事業募集中!

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、海事産業の生産性革命(i-Shipping)推進の一環として、IoT(もののインターネット)技術やAI(人工知能)を活用した造船技術の研究開発を支援すると発表した。

国交省の交通政策審議会は今年6月に答申した「海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生のために推進すべき取組について」では、ITを利活用して船舶の設計から建造、運航まで全てのフェーズでイノベーション創出・生産性向上し、2025年の世界建造シェアを3割とする目標が掲げられた。

これを受けて国交省では、i-Shipping推進の一環として、船舶建造での生産性向上を図るため、IoT技術やAIを活用するなど、革新的造船技術の研究開発を支援する。

研究開発事業を募集する。募集は、2016年度2次補正予算成立後、すぐに事業を開始できるようにするため、予算成立前に募集の手続きを行うもの。補助対象者の決定や予算の執行は、2016年度2次補正予算の成立が前提となる。

募集期間は9月23日~10月20日。補助は対象経費の半分以内で、補助金予算総額は9000万円。

IoTやAIを活用した造船---技術開発を支援、国交省が事業募集中

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

    国交省・伊藤明子住宅局長が就任会見/急増する空き家などストック対策重視

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. 全建ブロック会議・関東甲信越地区、地域の必要工事量に焦点。生産性向上議論に期待も

  6. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  7. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  8. 空き駐車場をネットで貸し借りできる! 駐車場シェアサービス「akippa」とは?

  9. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  10. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

アクセスランキングをもっと見る

page top