高齢者がスカイプでベトナムなどの留学生に漢字指導! 画像 高齢者がスカイプでベトナムなどの留学生に漢字指導!

IT業務効率

 両備ヘルシーケア(岡山市中区、松田久社長)は、倉敷芸術科学大学と共同で、高齢者施設の入居者が留学生に漢字を教える「留学生プラチナ・サポート事業」を岡山市内の有料老人ホームなどで試験的に実施した。

ベトナムなど非漢字国の留学生に漢字を無料で学べる機会を提供することで、漢字を読み書きする力を高めるほか、高齢者の生きがいづくりにもつなげるのが狙い。インターネット通話サービス「スカイプ」を利用し、漢字の読み書きを対面形式で指導する。

 現在、80―90代の高齢者4人が参加して学習の進め方や設備などを検証しており、2017年4月から本格スタートを予定する。

高齢者がスカイプで留学生に漢字指導。老人ホームで試行

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  6. ~自社システムを外販する:1~VRギャラリーを不動産業に転用!

  7. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  8. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  9. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  10. 建設現場で広がるウェアラブル端末

アクセスランキングをもっと見る

page top